装具無しで買い物に、内反尖足という厄介

スポンサードリンク

整骨院の帰りにサンリブで買い物。
装具は外しているので内反しながら歩く。
足を振り出すと内反するが足裏の縁の部分が地面に着くと同時に内反は収まり
足裏全体で自重を支える。しかし尖足があるので足を上げての蹴りだしが出来ずに、外旋歩行になる。
反張膝もあるが、膝ロックがかかるまでは無い。

サンリブで知り合いに会ったので動画撮ってもらう。
装具無し歩行。
内反して歩くので歩容は悪い。
リュックに背負う荷物は5キロ以上はある。これを担いで往復500歩くので代償がどうとか言ってられない。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク