パパ活という名の阿呆烏

スポンサードリンク

昨夜(2021/05/15日)見たのはこれだな。
フジテレビで9時から気象テロの映画をやってたけど。つまらないのでチャンネル変えたらやってたのがコレ。早い話が売春のことだけど。言い回しが、彼ら風に言うとライトになってる。しかし、金持ちのおっさんたちって、こうまでして女が欲しいのかね。普通に恋愛すればよさそうに思うけど。最後に行くまでの手順をはぶきたいのかねえ。それじゃあアンタ。池波正太郎の小説「阿呆烏/アホウガラス」と一緒じゃないか。

NHK
ノーナレ
「シュガーデート」
ナレーションのないドキュメンタリー「ノーナレ」。SNSなどを通じて男性と知り合い、食事やデートをするたびに金銭的な援助を受けるという“パパ活”。その実態に迫る。
長びくコロナ禍で、大学生や専業主婦など年齢も職業もばらばらな女性たちが、生活の困窮などから“パパ活”の世界に足を踏み入れているという。“パパ”と呼ばれる男性はさまざまで、中には女性から数百万円だまし取ったり、性行為を強要したりする危険な人物もいる。そして女性をあっせんする自称“パパ活プロデューサー”まで現れ、毎月100万円以上稼ぎはじめた。“パパ活”を行う女性や男性の肉声から実態を浮き彫りにする。
現代版阿呆烏といったところか。
「あほうがらす」とは、店を構えずに男性客と女性の間を隠れて取り持つ裏稼業である。夫と死別して生活に困った女性を、大店の主人や武士に引き合わせ、二人が幸せになるように仲を取り結ぶのだ。

テレビに出ていたパパ活プロデューサー
ゆうとさん

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク