障害基礎年金の受給資格

スポンサードリンク

障害年金申請WEB大阪
障害基礎年金の受給資格は、その病気やケガで初めて病院を受診した日(初診日)に、国民年金に加入していることが条件です。
もしくは、加入者であった60以上〜65歳未満である必要があります。

国民年金の保険料の支払いは原則20歳〜60歳までですので、60歳を超えている人は国民年金に加入できません。
加入できないのに障害年金を支給しないのは不合理ですので、60歳〜65歳までの人は、加入していなくても障害年金が支給されます。

障害厚生年金の受給資格
障害厚生年金の受給資格
障害厚生年金の受給資格は、その病気やケガで初めて病院を受診した日(初診日)に、厚生年金に加入していることが条件です。

要件は国民年金と同じで、初診日の月の前々月までの国民年金に加入していること。または免除していること。

これらの期間のうち、保険料を納付または免除期間している期間が3分の2以上あること。
ただし、初診日前の1年間に滞納がなければ受給資格の要件を満たします。

初診の時点で厚生年金に加入していればよく、その後体調を崩されて会社を辞めて国民年金に加入したり、保険料を滞納していたとしても、厚生年金に加入して保険料を納付していると障害厚生年金が支給されます。

障害厚生年金の等級は1級・2級・3級とあり、金額なども含めて障害基礎年金よりも保障の範囲が広くなります。

福岡障害年金相談センター

障害厚生年金を受けられるとき 日本年金機構

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク