お天気の見極めが大事

スポンサードリンク

201012131032

降る降らない

梅雨で困るのが外出時の天気を見極めること。降りそうで降らないと思って、傘を持たずに出ると降り出したり。傘を持って出るとずっと降らなかったりします。片手だと傘を持つ持たないで、動きがずいぶん違ってきます。レジ袋が下げられないのでリュックは必須。靴もビニール製のリハビリシューズか普通の長靴を履きます。先端に穴の空いたワンタッチシューズを履くと最悪です。靴下も装具もびちょびちょです。
 
傘を差すと、どうしても麻痺側が濡れてしまいます。健手で握るので、持ち替えができずにどうしてもそうなります。雨が酷いと水溜まりができていたり。川のような状態になることもあります。
折り畳みの小さな傘を常備するのが良いのですが、片手だと開くのが難儀です。ボタン一発でパッと開く大きめの傘が良いです。しかし大きいと風が強いと煽られて大変です。

スポンサードリンク

合羽は暑い

 
雨合羽を着るるという手もありますが、スーパーの中に入るときに脱ぐのが大変だし。歩くと汗だくになります。
空を見上げて思案しながら献立も考えないと。
The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク