障害年金、再提出の対処法

スポンサードリンク

障害年金の申請書を出すのは、

昔は、発病後1年6ケ月後でした。今も同じでしょうか?32年も前のことなので変わっているかもしれません。診断書の様式は整形外科のカテゴリーでした。脳疾患なのに、どうして整形外科の範疇なのかわかりませんでした。診断を書くのも整形外科医です。脳外科医とかがいてもです。
そして高次脳機能障害とかの言葉もなかったので、言語障害があっても障害の等級には関係ありませんでした。あくまでも手足の切断や麻痺でないと判断の対象外でした。今はどうでしょう?少しは変わっていると思いますけど。眼に見えない障害というのは辛さを理解してもらえないのが大変なところですね。

行き場のない辛さ

さて、脳卒中になると救急車で専門の病院に運ばれます。大学病院だったり国立病院機構が運営する地域の医療センターだったりです。そういうところは脳卒中の専門医がいるので安心ですが。半年もすると、アンタはもう治らないから荷物をまとめて出て行ってくれと言われます。さすがに強い言葉では言いませんが態度でやんわりと促します。いまでこそデイケアーなどができて若年性脳卒中でも利用できますが、昔はリハビリセンター以外何もなかったので、センターを出ると自宅でくすぶっているしかありませんでした。

こうやって放り出されたら、みんなどうするのでしょう。僕の場合はリハビリセンターに入所できたのでよかったのですが。リハビリセンターには専門職がそろっていて、障害年金の申請にも精通しているので安心でした…。

そして1年半が経過したので、障害年金の申請をしようと思ってもどこで診断書を書いてもらうのかが頭の痛いところです。一番最初に診てくれた医者に頼むのが筋ですが、一度病院と縁が切れてしまうとなかなか診断書を書いてくれと頼みづらいですよね。病院の方も診断書の作成だけでは金にならないので嫌がります。障害年金の診断書は専門的で複雑なので嫌がる医者は多いです。適当な理由をつけて追い返されてしまいます。

障害年金には2種類ある

障害年金には永久認定と時々診断書の提出を求められるタイプの2種類です。脳卒中は3年に1度ぐらい現況届と一緒に診断書が同封されているので、診断書を医師に書いてもらって出さないといけません。内部疾患の場合はレントゲンフイルムの提出が必要な場合もあります。同じ脳卒中でも人によって再提出の時期が違うようです。僕の場合は、3年に1度診断書の、提出が要求されるので苦痛でした。

県のリハビリセンターや国立療養所と縁がきれていると、診断書だけ書いてくれと言うと嫌がられるので町医者に相談するのですが、彼らは書いた経験がないので断られます。医者であれば内科医でも外科医でも、歯医者でも良いのですが診断書作成は難しいので、なかなか書いてくれません。診断書を書いてくれる医者とのつながりは大切にしたいですね。年金に限らず装具の申請をするときとか、何かと診断書が必要になります。障害年金の診断書は念のためにコピーを取っておいた方が良いと思います。

同じころリハビリセンターにいた30代のNさんは左片麻痺でしたが、両手は問題なかったけど、足の麻痺が重くてすり足で引きずるように歩いていました。彼の場合は両手が使えるというので印刷会社へ復職ができました。リハビリセンターで診断書を書いてもらい2級の障害年金の受給が決定していました。それから3年後ぐらいにリハビリセンターのOB会をしたときに、Nさんと仲良しだった吉田さん(元歯科技工士)からNさんは2級の障害年金が3級に格下げになって困っていると語りました。

なんでそんなことになったのかと尋ねると、かかりつけの小さな病院で診断書を書いてもらったというのです。これが失敗の原因でした。脳卒中の専門医にかいてもらうべきでした。それも力のある大学病院とか国立病院とか県立病院などが望ましいですね。町医者に書いてもらう場合には、一番最初の診断書のコピーをとっておいて、変なところが無いように自分でよく吟味するしかありません。

*扶養親族がいない場合で、課税所得金額が360万円で1/2、460万円で全額支給停止になっています。大半の方の場合には、障害基礎年金が支給停止になることはありません。障害年金のHPには上記のように書かれています。

スポンサードリンク

最後に

診断書の項目に労働能力の有無というのがあります。そこに就労していると書かれたことで、等級が下がったのか。それとも障害の程度が3級と判断されたのか、しりたいところですが、判定を下した医者以外にはわかりません。そもそも障害年金の制度自体が非常に複雑で、年金機構の職員ですら専門外のことは知りません。年金制度自体が核心部分は秘密のベールに覆われていて、社会保険労務士ですら経験を踏まえて推測するしかないようですから。

年金制度はだんだん厳しくなる一方で、変更されることも多いので、自分たちも十分勉強しておかねばならないと感じます。一番良いのは年金に頼らずに暮らしてゆけるだけの収入の道を探ることですが、体が満足に動かせない者には容易ではありません。人工知能やロボットの登場で雇用状況の変化にも抜かりなく対処しないと健常者ですら失職の不安が付きまとうのかもしれません。物を作れば売れた高度成長期に青春時代を過ごした身にはこれからどんな社会がおとずれるのか身を縮めております。

ずっと前から年金制度崩壊が叫ばれても、確実に振り込まれる現実。 年金の運用資産額はざっくり150兆円くらい。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、この20年間を平均すると20年間では85兆3千億円のプラス。

年率3%以上の利率で稼いでる。マスコミや保険会社の息のかかった経済エコノミストが、5兆円の損失が出たと大騒ぎする。大衆の不安を煽って、個人年金加入へ誘う手段としている。翌年に10兆円儲かったことは報じられない。投資は乱高下がつきものなので長期的な展望が必要になる。

GPIF
厚生年金保険事業及び国民年金事業の安定に資することを目的としている組織。
年金積立金管理運用独立行政法人の略称はGPIF(Government Pension Investment Fund)

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク