障害者が安心して泊まれる公共の施設

スポンサードリンク

障害者のIT社会適応訓練・交通乗り物訓練の一環としてオフ会で利用したことのある施設の紹介。

旅はリハビリ

戸山サンライズ 全国障害者総合福祉センター

障害のある方をはじめ、どなたでも利用できます。

〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1 全国障害者総合福祉センター 戸山サンライズ
TEL 03-3204-3611  FAX 03-3232-3621

料金プラン シングル障害者¥4500 健常者¥6000 詳細はここ 

予約は、障害者団体・個人は18ヶ月前、健常者団体・個人は12ヶ月前の
月初(1日)午前9時受付開始

戸山サンライズは片麻痺障害者の全国オフでよく利用した。施設も綺麗でバリアフリー。1年半前から予約できるので東京オリンピックを目指して早めに抑えておいたらいいかも。

参照

 

東京都障害者スポーツセンター
〒114 − 0033 東京都北区十条台1-2-2

東京都多摩障害者スポーツセンター
〒186-0003 東京都国立市富士見台2-1-1

・身体障害者手帳の交付を受けている方
・愛の手帳の交付を受けている方
・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
・前記の方と同程度の方
・前記の方を介護する方
・障害者の福祉増進を目的とする団体
・その他、とくに都知事が認める方

宿泊施設以外は無料

宿泊施設は障害のある方1泊1名様1,500円。その介護の方1名様までも同じく1,500円。2名様からは2,000円となります。

(上記の料金には、食事代は含まれておりません。朝食(和食・洋食)は予約制です。)

宿泊室の利用をご希望の方はこちら

利用手続
個人利用

個人で施設を利用する場合は、初回に利用証の交付手続きが必要です。

その後は利用証を提示してご利用いただけます。

詳しくは「個人で利用される方へ」をご確認ください。

団体利用

利用日の属する3ヶ月前の当日から来館又は電話により予約を受付。

詳しくは「団体で利用される方へ」をご確認ください。

詳細については各HPで確認ください。

東京都障害者スポーツセンター

東京都多摩障害者スポーツセンター

 

スポンサードリンク

神奈川県

横浜あゆみ荘 

〒224-0062 神奈川県横浜市都筑区葛が谷2番3号
電話 : 045-941-8383

 

兵庫県

65歳以上の高齢者、障がい者は、利用する月の9ヶ月前の月の毎月1日から、その他は、利用する月の6ヶ月前の毎月1日から申し込み可能。
問い合せ先:予約センター 078-743-8000 しあわせの村HP

施設概要
あふれる緑に包まれ、赤い屋根と白い壁の建物が南ヨーロッパを思わせるしあわせの村は、神戸の中心地、三宮から車でわずか25分の場所にある、こどもからおとなまで、お年よりも障がいのある人も、誰もが楽しめる総合福祉ゾーンです。
205ヘクタールの広大な敷地内には、自然を十分に生かしながら、高齢者・障がい者の自立を援助する福祉施設をはじめ、運動広場、芝生広場、キャンプ場など、多種類の屋外スポーツ施設、レクリエーション施設、宿泊施設、温泉施設などがあります。(しあわせの村HPより抜粋)

2008年障害者サークルでオフ会した時の様子

しあわせの村から送迎用のシャトルバスバスも出ている。ここ参照

 

大阪

堺市 泉ヶ丘 ホテル│ビッグ・アイ 国際障害者交流センター

電話 072-290-0900

居室回り

 

オフ会の様子

2006年9月16日~18日オフ会の様子↓
会場:大阪堺市国際障害者交流センタービッグアイ

 

大阪市障がい者スポーツセンターアミティー舞洲

 

 

長野県

 

長野県障がい者福祉センター「サンアップル」

 

   

〒381-0008 長野市下駒沢586  電話 026-295-3111

宿泊料は1人1000円(素泊まり)

レストランなし。 浴室はあるが浴衣、タオルなどは無い。

福岡県

 

福岡クローバープラザ

福岡県春日市前原3丁目1番7号 電話 092-584-1212  JR春日駅から徒歩1分。

宿泊費 3,130円(税込み)ただし、宿泊だけの利用は不可。会議室やアリーナ、プールなどを利用してからの宿泊となる。たとえば、小会議室(30人収容1200円)でミーティングしてからの宿泊すれば、障害者団体のオフ会にも利用できる。事前の登録が必要となるので、詳細はHPと電話で確認のこと。身障手帳を忘れない。

熊本県身体障がい者福祉センター
施設の利用者 及び目的
身体障がい者に関する各種の相談に応じ、身体障がい者に対し機能訓練・教養の向上・社会との交流及びレクリエーションのための便宜を総合的に供与する身体障がい者福祉センターA型施設

○1泊1人 1,360円(素泊まり)です。
食事等のご準備は各自お願いします。
(ロビーに、飲料のみ自動販売機の設置あり)
○お風呂、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジのご利用は無料です。
○部屋冷暖房完備(無料)。
○乾燥機   30分100円
・タオルセット  100円
・歯ブラシ    50円
・洗濯用洗剤     50円
※購入は、受付でできます。TEL 096-383-6533

県内にお住まいの障害のある方々をはじめ、一般の方々もご利用いただける施設です。各種教室、ボランティア養成、疑似体験、リフトバスの運行、体育館、宿泊施設等、活動・交流の場としてご利用いただけます。

ご利用は自己責任でお願いします。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク