緊迫する北朝鮮情勢、アメリカはやる気満々

スポンサードリンク

北朝鮮が、4月15日に核実験をするのではないかと危惧されていたが、軍事パレードだけに終わってしまった。鼻息の荒い金正恩だが、アメリカの空母打撃軍にびびったかな。第一空母打撃軍と言えば101264トンの原子力空母カールビンソン(全長333メートール全幅72.6メートール・搭載機66)を旗艦とし、ミサイル駆逐艦2隻とミサイル巡洋艦1隻と他にも補給艦や強襲揚陸艦など5隻から10隻が随行している人員は7000名にもなる。

もうひつつの空母ロナルドレーガンも北朝鮮に向かっているという。どちらもニミッツ級空母で乗組員は5000名にもおよび、小さな町が海の上にうかんでいるようなもの。それが2セットも北朝鮮を東シナ海と日本海側から挟み撃ちするように布陣するとみられる。

アメリカはやる気満々

北朝鮮の軍事パレードではSMBS(潜水艦から発射)北極星と新型のICBM(大陸間弾道弾)を披露したと報じられている。核実験かミサイルを発射するかと思いきやパレードでお茶をにごしてしまった。あれだけの勢いだったものが、トーンダウンしている。

アメリカは94年に北朝鮮を攻撃するきでいたが、韓国で50万人死傷者が出ると予測されて、クリントン大統領がおじけづいたそうだ。北はアメリカと本気でやりあう気はないと思うが。得意の瀬戸際外交で究極のチキンレースを演じているように見える。金正恩は地下100メートールに隠れ家をいくつももっていて、たえず移動して居場所を隠しているというから相当怖いのだろう。それを見透かして、アメリカがMOMother of All Bombs)(GBU-43/B)世界最大の通常爆弾をアフガンのISの拠点に投下したと報じられた。こお爆弾は地中深くに潜って(地下150メートールまで破壊)爆発するという恐ろしいものである。

スポンサードリンク

最後に

アメリカにはかなわないけど。韓国や日本には十分届くミサイルがあるし。サリンを搭載可能だと安倍総理も話していたというから恐ろしい。米軍基地のある日本に向けて発射するだろうから怖い。もし、間違って東京に核爆弾でも爆発したら日本中がパニックになる。その可能性はないとは言えない。この件でテレビや新聞が騒がないのがそもそもおかしい。ほんとうはかなりヤバイ事態になっているのかもしれないが、杞憂であることを願うばかりだ。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク