脳卒中後の夫婦生活は可能か・障害者と性

スポンサードリンク

脳卒中後の性生活ににおいては自分の体験上においては、健常者時代と体位以外での変化はない。片麻痺になって一番気がかりなのは行為の最中に脳梗塞や脳出血の再発がおきないかという点であるが、かなり激しい行為に及んでも再発はない。ただし、日常生活において水泳や1日5000歩行という運動をこなしてのことではある。

ただ脳梗塞の場合は脳出血と比べていくらか再発の可能性は高いかもしれない。リハビリセンターにいたとき57歳の男性がいた。脳梗塞から左片麻痺となった。この男性は夜中にマスターベーションをしていて心臓発作を起こしたと見えて、朝ベッドの中で冷たくなっていた。動く方の手にはティッシュが握られ、パジャマのズボンは下げられていたというからマスをしていたのは間違い無い。

医師の診察を受けて健康管理をしておれば普通に行為をしても心配はいらない。ただし、体調が悪いとき。飲酒の後。血圧が高い。このような場合は止めておいた方が懸命だ。心臓に持病の疾患のある人も要注意である。激しい動きは慎んだ方が良い。

注意したいのは脳の手術をした人はケイレンの発作が起きることもあることだ。てんかん発作ともいわれるので医者に相談した方が良い。それと脳性麻痺の人は行為の前後や最中にけいれんをおこすこともあるので、専門医に相談すること。とはいえ、医者にも対処法はわからないだろう。同じ障害を持つ経験者に尋ねるしかない。

それと体位にも工夫がいる。片手だとペニスを女性の膣口にあてがうことができないので挿入が難しい。女性が慣れた人なら自分で導いて挿入を手伝ってくれ、結合にいたるが。不慣れな女性だと恥ずかしがってうまくいかないだろう。

障害者の性行為について述べてあるサイトがあるので、参考にされると良いだろう→ホワイトハンズ

スポンサードリンク

誰にも聞けない

脳出血にしろ脳梗塞にしろ半身不随の身になると、男がベッドの上でまず考えるのは愛の行為ができるだろうかと点ではなかろうか。うなだれてしぼんでしまったセガレをみながらため息をついていた時期を思い出す。

セガレが立つか立たないかは男にとっては大きな問題である。しかし、医者に聞くにも抵抗があってなかなか切り出せないで悶々としていた。愛の行為などで興奮すると脳出血を起こした部位がまた破れやしないかと不安になる。

ある日看護婦長に聞いてみた。一度敗れた血管はどうなるのかと。婦長の説明はこうだ。
「血管が破れると血小板が集まってきて敗れた箇所をふさいでくれます。体を怪我するとしばらくすると血が固まってきて傷口をふさいでくれるでしょう。一度敗れた箇所は以前よりも強くなります。これは骨折しても同じで、一度骨折した箇所は前よりも強くなるのと同じです。人間の体はそのようにできています。もし、再発があるとすれば他の場所にコブができている場合です」

最後に

通常の生活において同じ箇所の血管が破れることはまず無いということだ。しかし、そうは言っても行為の前にどうしても気になる。であるが、理性よりも欲望が勝って事に及ぶわけだが。今まで一度も再発が無いのであるから本当だ。20数年もやってるから間違いない。ただ、体調が悪いときや大量に飲酒したときは避ける方が懸命であろう。

<参考>

腹上死する人の多くはもともと心臓や脳になんらかの潜在的疾患を抱えていた。それに気付かずに性行為し、血圧や心拍数が急上昇して脳出血や心筋梗塞を起こすのです」(上野氏)

とくに高齢男性の場合、激しく腰を振り続けることは難しく、途中で休むことになる。この繰り返しの結果、自律神経のバランスが崩れ、血流が乱れて心筋梗塞などを引き起こすのだという。

 

腹上死 9割以上が男性、発作が起こるのは行為後が大半

不貞の最中に腹上死した男性 その後家族はどうなる?

「腹上死しにくい体位」が米国心臓協会の発表で明らかになる

28歳と付き合う70歳男性「腹上死した時用マニュアル」を作成

腹上死の92.6%が男性「不倫相手との行為中多い」との米調査

 

障害者の性介助 ホワイトハンズ

NHKクローズアップ現代

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク