クロスパル古賀で水泳、その前に買い物

スポンサードリンク

201104071459

毎週月・水・木曜日に巡回バスで通っている。ディ会員なので朝10時から午後5時までの利用。(障害者減免で半額)
火曜は施設の休館日。金曜はバスが出ないので休む。

UR花鶴丘団地郵便局前を12時53分のバスに乗り、クロスパルに2時前後に着く。入館し着替えて2時過ぎにプールへ。監視員に海パンの紐結びとゴーグル装着を依頼。

だいたい2時5分ぐらいにプールに入る。50Mを全力で泳ぎ1分休憩。これを8回。3分休憩し、100Mを普通に泳ぎ1分休憩。これを4回。計800Mを泳ぐと2時45分。

プールから上がり海パンと帽子を脱水機にかけて二階の風呂場へ移動。ジェットバスで5分腰痛治療。上がって体重測定。着替えて午後3時半の巡回バスに乗車、15分で帰宅。

2014年まで巡回バスは西鉄バスだったが2015年から古賀市のマイクロバスに変わった。クロスパルの運営は古賀市がコナミ委託している。

朝のうちに買い物

午前9時半ごろディスカウントのルミエール古賀まで買い物に出る。帰りにサンリブかドラッグコスモスに寄る場合もある。1日の食費1000円以内と決めている。消費税が内税のルミエールとドラッグコスモスに行かざるを得ない。どうしても欲しいものがあるときにサンリブを利用する。

200811151802

サンリブにはお惣菜のバイキングコーナーを利用することが多い。菓子類、冷凍食品、簡単な食料品、豆腐、モヤシ、カンズメ、飲料系、酒類などはディスカウント店に軍配が上がる。

買い物が終わって家に戻ると11時前後である。オニギリ1個ぐらいの軽い食事を摂り11時38分の2便の巡回バスに乗って、クロスパルへ向かう。11時30分にクロスパル到着。

スポンサードリンク

最後に

クロスパルを中心に生活をしている。それだけ水泳を重視している。整骨院や病院、整体などどこにいっても治らなかった背中の異常な張と激しい腰痛は水泳を始めてかなり改善した。一時は寝たきりを覚悟したこともある。背中の張と時々悩まされていた目まいは完治した。5番腰椎付近の深部の痛みは残っているがこれも軽減はしている。運動療法の大切さを痛感している。

特に、片麻痺者は終始運動不足がつきまとうので、より一層の努力が必要だと感じる。

 

 

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク