JR障害者割引100キロ未満は止めてくれ

スポンサードリンク

この前、池上彰の番組でJR東海がリニア新幹線のトンネル工事が静岡で止まっている。そういう内容で社長にインタビューしていた。

え、なんで静岡県が反対するのって思った。静岡の言い分はトンネル掘削で、大井川の水流に重大な懸念があるということだった。静岡がオッケーを出さないのでリニア新幹線の開通は大幅に遅れるとJR東海の社長は顔を曇らせた。

リニア新幹線が開通したらぜひ乗ってみたいと思って静岡にも料簡してもらいたいと思っていたのだが、かたくなに拒否する勝俣県知事の気持ちもわからないではない。JRは常に上から目線の態度である。利用者の事は二の次で、常に自分たちの都合ばかりを押し付けて来る。

障碍者割引の100 キロ未満を未だに堅持している。ダイバーシティへと移行するのに、世の流れや大衆の感情を理解してない。

国鉄が民営化されJRが誕生した。この時、国労の一部の人がJRに残れなくて解雇された。この時執拗に抵抗した人たちが首になって飯が食えないからと、インスタントラーメンの販売に来た。

JRに雇われないのは気の毒だが、僕のような重度の障碍者からすれば、別にJRにこだわなくても健常者で、まだ若いのだから一般就労は可能でしょう。めげずに頑張ってくださいと言ってラーメンの購入を断った想い出がある。

私鉄各社は重度軽度にかかわらず運賃は距離に関係なく半額なのに、JRだけが100キロ以上でないと半額にならない。東京の主要駅の構内など私鉄とJRが入り乱れて混在するので、知らないうちにJRに乗ったりする。駅の構内は地下鉄で、アリの巣状でわかりづらい。地方から行くと複雑な路線図にパニックになる。

障害者は一律半額割引とするように交通各社の首脳陣には料簡するように、上から目線の態度も良い加減にせい。こういう巨大企業には政治家を始めたれもが遠慮して物を言わないので、自分が天に代わりきっと叱り置く。

ま、これはJRに限らず、NHK,NTTに関しても同様である。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク