宇宙人サムの受難

スポンサードリンク

 

 

健次郎はキャンディーの件で懲りもせずに宇宙人サムのハンドルで関東地方の掲示板に新しく登録をした。

「 中年メールレディー募集」

「 ひがしが東京で 西さい京 中の名古屋が中京ならば、博多は人形の出来どころ 梅に鶯ホーホケキョ 島原ラッキョの名産地 。

というわけで、西日本地方在住。38歳のサラリーマンです。身長が170センチ。体重は64キロ。用紙は、あ、変換ミスだ。容姿はなかなかE男です。中年ゆえ、ソリマチやキムタクというわけには参りませんが。ま、それなりのE男です……。

この世界は若い人が多く、なかなか同世代のメールフレンドに巡り合えません。40代女性の方とのメール交換が希望です。 どうか宜しくお願いします。」         宇宙人サム

季節は巡り、暦の上では秋を向かえたがまだまだ夏日が続くある日、久しぶりに女の方からメールが届いて健次郎は小躍りした。

スポンサードリンク

初めまして

レディー。いいですねえこの響き。いくつになってもレディーと言われると嬉しいものです。東北地方に住む美佐子といいます。歳は貴方より4歳年上ですが、宜しくお願いいたします。

気楽な一人暮らしなのでメールはいつ送っていただいてもかまいません。    美佐子

驚いたことにメールをくれたのは東北の42歳の美佐子という女性である。彼女は2年前、再婚した夫をガンで亡くして、寂しくてメールにはまった。今は、秋田の目抜き通りの高級和食の店で、20人ほどいる従業員の賄い飯を一人で切り盛りしている。

彼女は、前夫との間に生まれた子どもも独立している。2度目の夫が残した遺族年金の収入があるので生活は楽だ。

これからは女だってインターネットぐらいできなくてはと思って、パソコン教室に通って必死で勉強した。

美佐子の気性は男みたいだとよく言われる。声の調子もそうだが、竹を割ったようなさっぱりした性格である。現在、美佐子には8人のメールフレンドがいるが、不定期なメール交換である。

最高齢は80歳のおじいちゃんだ。断わっても懲りずにメールをくれるので、美佐子は律義に返事を書いた。20~30代の学生やサラリーマンからも申し込みがあるが、ほとんど断わっている。下心が見え見えなのと、話題がかみ合わないからだという。

美佐子の希望は大人の関係である。たまに会ってお茶や食事をする。男女の関係は相手しだいという気持ちだ。結婚にはもう懲りている。

半年前。関東地方の40代の子持ちサラリーマンと盛り上がって、ディズニーランドで会った。美佐子は新しい下着を付けて出かけた。

向うは結婚が望みらしく、子供に会ってほしいと連れて来ている。そこまでは、まあ許せる。しかし、同じホテルに部屋を取ったというのに、深夜になっても美佐子の部屋がノックされることもなく、女のプライドを傷つけられた。

同世代の気楽なメールフレンドがほしかったけど、なかなか巡り合えないでいた。そんなある日、健次郎が書き込んでいた変なメッセージを見つけた。面白そうな男だなと思ってメールを送った美佐子である。

 チャット

1月ほどメール交換が続くと美佐子からチャットしないかと持ち掛けられた。彼女から送られてきたのはヤフーページャーという個人同士でもリアルタイムで交信できるという代物である。

健次郎はそんな物があるなんてちっとも知らなかったので驚いた。

美佐子から送られてきたソフトをインストールするのに最初は戸惑ったが慣れると面白かった。アクセスしてランプが点滅していれば向こうもアクセスしているという印だ。そのまま文字で会話が出来る。これだとメールチャットと違って、誤送信の心配がいらない。

健次郎と美佐子は10時からチャットした。美佐子が休みの前日は深夜まで続いた。しかし、大人の関係がいいと言いながらKiss以上は許しそうとしない美佐子の態度に健次郎は不満だった。

会いにいこうにも東北までは遠すぎた。ふたりの関係はそのまましぼんで終焉を向かえる運命から逃れられなかったのである。

その後、健次郎は憂さ晴らしに大人向けのホームページを閲覧した。

無料サイトではつまならないと思い、つい有料への入り口をクリックした。途端にバババッと画面にウインドーが開かれた。健次郎は驚いて画面を閉じたが、ウインドーは消しても消しても次々に現れた。

その内のひとつをクリックすると新しいウインドウがまた次々に開かれる。すると突然回線が切断された。次に接続しますかっていうメッセージが出たので、いとも簡単に「はい」をクリックした。なんとなくヤバイ気がして、すぐに電話回線を切断した。この間5分ほどである。

10日後にNTTから見慣れた封筒が届いた。いつもは月末に送られてくるので、なんだろうと思って開封した。次回の電話料金請求額は76000円です。という確認のための物ある。

吃驚してNTTに電話すると、知らないうちにアクセスポイントの電話番号が書きかえられているのかもしれませんという回答である。

健次郎はこんなとんでもない料金の支払いには応じられないと苦情を言った。

「では、後日書類を送付しますから所定の事項を書き込んでNTTに送ってもらえれば、ダイヤルQ2を設定した業者への料金支払いは免除されます。但し、NTTの回線使用料の免責はありません。それに今後、ダイヤルQ2に接続出来ない手続きを取る必要があります。」

最後に

NTTからは以上のような回答が返ってきた。さっそく言われた通りの手続きを済ませ、料金の不正請求からは免れたがNTTの回線使用料22000¥の請求を免れる術はなくトホホな気分で支払うしかなかった。

支払を拒否すれば、電話回線が止められるので、釈然としないがNTTからの請求にも応じざるを得ない。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク