知っておきたい免許証番号の意味

スポンサードリンク

免許証には12桁の番号が振られています。最初の2桁が交付を受けた都道府県の番号で福岡県だと90。その次の3・4番目の数値で交付された西暦がわかります。
1982年の初交付なら「82」、2010年なら「10」となる。
左から5〜10番目の6桁の数字は都道府県公安委員会で交付・管理するためのもの。ここから意味を推測することはできません。
左から11番目のひと桁は“入力ミスを確認するためのチェックデジット”だ。左側10桁をもとに、モジュラス11ウェイトという計算式で算出された数字。
左側11桁の数字は原則として最初に交付を受けてから変わることはない。しかし、唯一変更される“かも”しれない数字が最後のひと桁だ。ここでは“運転免許証を紛失した回数”がわかってしまいます。
僕は一度紛失による再交付を受けているので1になっていました。
(今はもう免許証は返納しているけど)

PS
いろいろ調べていくと、なんと刑務所のなかで運転免許の更新が行われるというのです。運転免許は更新することを忘れていた「うっかり失効」の場合は、6ヶ月以内なら再交付することが可能です。しかし、それを過ぎてしまった場合は、新たに免許を取り直さないとなりません。

ただし、入院などやむを得ない場合は3年間の期間に限り、医師の診断書とともに申請することで免許が更新できます。なお、平成13年6月19日以前にやむを得ない理由(入院や海外旅行)が発生した場合は、3年を過ぎていても学科試験を受けて免許を手に入れることができます。

運転免許があると出所後の社会復帰に役立つということで、免許の更新が可能になっているとのことです。ただ、免許証の住所欄は刑務所の住所になってしまうということ。出所後に住所変更しても新しい住所は裏面に記載され表面の記載住所は更新したときのままですから、再交付する、新しい種類の免許を取る、次の更新時期が来て免許を更新する、などがないと刑務所の住所は消えないことになります。

昔は刑務所内での免許更新はなかったようです。平成13年6月19日以前なら3年を過ぎても学科試験を受けることで免許を手に入れられたので、在監証明書という服役していたことを証明する書類を持参して「やむを得ない理由」として免許を更新できたようです。現在も3年以内に出所すれば同様の書類で免許の更新ができますが、3年を過ぎてしまうと免許を新たに取り直すようなことになるので、こうしたタイミングで塀の中で免許の更新ができるようになっているとのことです。

そして末尾番号には他の意味も含まれていて警察上の秘密がわかるようになっている。

受刑者によっては特殊番号が付き会社(タクシー・運送業が特に)に出回っています(と言うより警察が○○は前科者 と連絡してくる時期もあった)
何処を見るかと言いますと、毎回変わっており分かないそうです。(要するに業界にずっといないと分からないと言うことです)

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク