スポンサードリンク

最後に東京へフライトしたのが60歳の時だった。東北で震災のあった年で、水泳を始めた年でもあり、還暦を迎えた年でもある。
脳卒中系の交流で福岡~羽田はよく利用していた。その頃はLCC(格安航空)はなく、もっぱらスカイマークの障碍者割引か45日前に申し込むバーゲン早割りだった。スカイの身障割で¥13000ぐらいでこれが一番使い勝ってがよかった。早割りだとキャンセルがきかない。身障割だとキャンセルOKだった。困るのは突然台風が発生すること。
今は、LCCも東京方面へのフライトもずいぶん安価で行けるみたい。ジェットスターだと成田~福岡で¥5000前後もあるみたいだし。この前なんか全国どこでも¥1900なんて広告も見て仰天した。成田からだと東京駅まで直行のリムジンバスが出ていて、1時間ぐらいでつくみたい。羽田~東京駅と同じぐらいかな。

201005291134

東京~福岡日帰りオフというのも体験した。福岡をスカイの1便で立ち帰りは羽田を18時ぐらいの便に乗ると福岡に21時ぐらいにつく。自宅は22時ごろ着いた。東京駅で東京・関西の新幹線組と合流し、錦糸町で千葉方面組と最終的に合流した。東京の地下鉄は複雑で地下深くにあるので障碍者は大いに難儀する。東京駅では丸の内南口にある車いす専用の待合室だった。今は東京駅のホテルも建てかわってあの辺もずいぶん変わったんだろうか。
障碍者20名ぐらいではとバスにのったこともある東京半日コースとかね。ただ、観光バスは乗降の階段が高いので、大いに難儀したけど。今となっては良い思い出だ
LCC利用で東京オリンピックかパラリンピックでも見に行こうかと思案していたら今回のコロナ過で行けなくなった。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク