若年性脳内出血の原因は脳血管の先天的な異常

スポンサードリンク

34歳の時脳内出血に倒れた。血圧は120~80と正常であったが倒れたときには上が280あったそうだ。
医者はこういった。
「普通若い人はならないのですが、高血圧性頭部内出血です」

当時工事現場は連日の突貫工事で過重労働であったため働かせ過ぎが原因だと主張したが、労基署も企業も相手にしてくれない。労災を申請したが、簡単に棄却された。

脳内出血の原因が知りたくて色々調べてみると、生まれつき脳の血管に異常(瘤)があり急激に血圧が上昇したことで瘤の弱い部分が破裂したのだろうという推測した。

 

脳卒中の中でも多いのが脳梗塞。脳の血管が詰まって、その先へ血流が行かなくなって、脳細胞が死滅し、麻痺が体の半分に起きるという症状。言語障害が起きることもある。コレステロールという油性分が多くなると血液がドロドロになって血管が詰まってしまう。
 
血圧の高い状態が長く続くと血流の当たる血管の壁が凹んでくる。その部分に血液が溜まって次第に血管を詰まらせる。血流が当たる場所はほとんどが血管の付け根付近。高血圧で血流が血管の壁に打ち付けられて血管がもろくなってコブができる。コブが破れれば脳出血となり詰まれば脳梗塞となる。

スポンサードリンク

血管の交差点などは、

血流が血管の壁に繰り返し当たるので長い間に瘤ができるというのだ。瘤の部分が弱いために急激な血圧上昇で破裂する。

また先天的な欠陥の異常で生まれてくる場合もある。たとえば終戦後の食糧難の時代の栄養不良の状態で妊娠すると脳の血管ができそこなったり奇形だったりする。この弱い部分は残ったまま成長する。普段の生活では支障がないが、
何かのはずみで血圧が急上昇すると瘤が破裂する。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク