新型コロナウイルス騒動の影響で、今後の戦争の形態が劇的に変わる

スポンサードリンク


新型コロナウイルス騒動の影響で見えてきたものがある。
今後は戦争の形態が劇的に変わる。高額な費用がかかる戦闘機や中途半端な空母、核兵器など無用の長物となる。ウイルスを征する者が世界を征す。

F35と空母改装をキャンセルし、今回の新型コロナ関連の予算に回してほしい。莫大な軍事費よりも疫学関連の事業や混乱時の対策費の方が安上がりだ。核戦争になれば地球が滅びるのは明白である。もう戦闘機や空母の出番はない。

自然発生やテロリストがウイルスを拡散するのを防止する。そういう方面の研究費にあてないと大変なコトになる。

経済は地球規模で回る。戦争をしかければ自国にも影響が出るので、全面戦争などできない。先のイランとアメリカの揉め事を見れば明らかである。犬猿の仲のイランとアメリカですら振り上げた拳の下ろしどころに頭を抱えた。
あろうことかイランは自国から離陸した旅客機を自慢のミサイルで撃ち落としてしまった。迎撃担当者がアメリカのミサイルと誤認したためだと言う。加えてイランの疫学担当の大臣が新型コロナに感染していながら記者会見を開いたとの報道もある。

スポンサードリンク

最後に

今回の騒動はもはや見えない敵との全面戦争に突入したと言わざるを得ない。昨夜の安倍総理の会見は戦時下における戒厳令に等しいと思う。それぐらい国民の行動を制限しなければ新型コロナウイルスが日本中はおろか世界中に蔓延し、経済に壊滅的な打撃を与えるだろうと思う。

体力のない中小企業や個人からバタバタと倒れ、世界の大恐慌の到来が来るかもしれない。一方でこういう不安を利用して株価を操作し。巨万の富を維持しようとするヘッジファンドと呼ばれる大富豪たちが睥睨している。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク