脳卒中片麻痺における障害年金について

スポンサードリンク

障害年金には有期認定と永久認定があります。永久認定には更新がありません。有期認定には3~4年に一度診断書の再提出が求められます。

有期認定は、病名や病歴・病状等を元に1〜5年の範囲で決定します。一定期間ごとに障害状態確認届を日本年金機構に提出し更新(再認定)が行われます。

一般的に精神疾患は1~2年(最近は1年もよく見かけます)、肢体疾患はそれよりも長めの期間になることが多いようです。また、その後障害の程度に変更がありそうかどうかで認定期間は変わります。

通常有期認定(更新あり)がほとんどですが、有期認定の更新手続きは更新月の約3ヶ月前に、日本年金機構から障害状態確認届(更新用の診断書)が送られてきます。

障害年金の更新は書面上のみで審査されるので、診断書の内容によっては病状に変わりがなかったり、悪化しているにもかかわらず障害年金の更新時、減額になったり支給停止になったりすることも多くあるのです。

軽く考えて支給停止になると、そのあとの審査請求はかなり困難となります。審査請求自体認められることがかなり少ないですから。

ちなみに、提出期限に遅れると、障害年金が一時差し止めになりますが、慌てないように!

その後、認定されれば差し止めになったところから、年金の支給は再開しますのでとにかくあせらないことです。

自分の病状を正確に捉えて、キチンと伝え、医師に理解してもらう。更新(再認定)のとき、これが一番大事になります。

これまでは誕生日の1ケ月前に現況届が送られてきましたが、2019年7月に法改正があり今まで提出期限1カ月以内 → 提出期限3カ月以内になりました。

昔は1ケ月以内に現況届を出さねばならなかったので、書いてくれる医者を探すのが大変でした。病院を退院すると医者を新たに探さねばなりませんから。病院は通院や入院患者優先で、退院してしまえばなかなか診断書を書きたがりません。

片麻痺における障害年金認定の基準となるものは、いったい何なのか。同じような状態でも2級であったり3級だったりどっちとも言えるような人もいる。

麻痺の状態を調べるための体の部位の計測というものがある。たとえば関節の可動域とか握力計測や足首がどれぐらい動くとか、足関節の状態とか、POやOTと呼ばれる専門の人たちが計測する。しかし、この計測もだいたいこんな感じというぐらいだ。各部位の角度を測るにしてもぶんどうぎにを適当にあてるだけで、割と大雑把である。自動車工場の検査とは大違いだ。

麻痺側と健側の太腿の測定というのがある。麻痺側が小さく健側が大きいのが普通だ。しかし、測り方次では左右どちらも同じということもある。太腿は柔らかいのでメジャーを強く巻くのと軽く巻くのでは数値が違ってくる。麻痺側が小さく良い方が大きいのが普通だから、左右の太ももが同じか数値の差が少ないと麻痺が軽いということになる。しかし、たとえ麻痺足の太ももの筋肉が落ちていなくても知覚神経が正常でなければ歩行に支障がある。なので、脳卒中の専門医であればこの点を考慮し麻痺側を小さく訂正して書いてくれる。

「握力測定」

握力測定でも麻痺側でも握ることはできるので、思いっきり握ると5キロとか10キロだったりする。でも、握ったままで放すことができません。これでは手は使えません。しかし、年金機構の医師は握力があるのと全くないのとでは等級判断に影響が出ると思う。患者は思いっきり握れと言われて、ウンウンうなりながら頑張るので、廃用手でもいくらかの数値はでる。でも、医者から廃用手と言われたなら、握れませんというのが正解。生真面目なセラピストほど力一杯握れと言う。そもそも廃用手を宣告したならすべてゼロと書けばいいわけだが、そうもいかないようだ。

計測は医師が自分でする場合もあるが、忙しいのでPTやOTが計測する。彼らは診断書には鉛筆で書く。後で医者が訂正できるように鉛筆で書くのだ。この計測の数値と本人の状態を見て、医者がボールペンで書き込んで正式の診断書になる。POやOTの著名押印では年金機構が受け付けない。診断書が書けるのは医師なのだ。リハビリだって医師の指示書がないとできない。針灸マッサージだって保険を使うには医師の同意書が必要である。

医師の意見書がものをいう

身体的な測定も大事だが、総合的な医師の判断が物を言う。診断書を書くのは面倒い。後で年金機構から問い合わせがあったりするので。書くのを嫌がる医師もいる。

「現症時の日常生活動力または労働能力」

ここに労働能力は無しと書かれるか、作業は可と書かれるかで判断に差がでる。障害年金の判定に要する時間は3分程度だという。検査の数値をイチイチ吟味している暇はない。判定医は東京に300名ぐらいて日本年金機構と契約しているのだ。

昔は各都道府県でやっていた。しかし、地域により判定の差が最大6倍もあり、問題となったので今は東京で一括判定するようになった。

その為に判定医の数が増やされた。新規の判定医が4/1ほどいて彼らは慣れないから、医者の意見書を見て判断するしかない。本人と面接するわけではないので検査の数値よりも意見書に頼らざるを得ない。検査の数値では測れない不自由さもあるので、生活上の不自由さを事細かく医者に説明しておかねばならない。

麻痺手でもがんばれば握力は7キロあった。しかしただ握るだけで手は開けない。緊張だけ強くて使い物にならない。脳卒中に詳しい医者なら数値をゼロと書いてくれる。なぜなら廃用手と診断されているからである。おまけに一生治らないという医学の常識もある。世間知らずのセラピストは力一杯握れという。真面目な患者はウンウンうなりながら握りこむのでそこそこの数値は出る。

これを真に受けた慣れない医者は握力7キロと記入する。それを見た判定医は握力が7キロもあるなら、ちょっとは使えるから3級の判定を下すかもしれない。ゼロと書かれた人は1級か2級となる。年金の判定には非常なバラつきがある。ほぼ健常者なみの人が2級の障害年金受給したり。どうみても2級の人が3級の判定だったりする。

それと公立病院系統や大学病院の医者が判定したものにはよほどのことがない限り、却下されることはない。医者同士のパワーバランスがある。大学病院の医師が2級だと判断したものを町医者が3級だとは言えないのは世間のしがらみと同様である。俺の判断にケチをつけたと恨みを買い医師会を通じていじめられるのはテレビドラマの白い巨塔の通りである。

医者の診断書というのは司直の手をさえ払いのけるほどの効力がある。イタイケナ障害者にとっては医師というのは神様といえる。介護保険、福祉の恩恵を受けるには医師の診断書を求められる。いかに医師との信頼関係を築いていくかに苦慮する。医者の信頼を勝ち取るためには、受付やナースセンターのスタッフの受けも良くしておいた方が良い。それと診断書のコピーはとっておくと次回の現況届を出すときに楽です。診断書の再提出は5回で終わった。3年×5回=15年で永久認定になったということになる。これは人により違いがあるのだろう。

スポンサードリンク

精神科の場合

以下はネットの記事から。精神科(うつ病などの場合)のケースだが脳卒中の場合にも参考になる。

障害年金は、主治医による診断書など書面のみで支給か不支給かの判定がなされている。ただ、最も重視される診断書の書き方は主治医任せで、患者の病状や障害の程度が正確に反映されるとは限らないといった問題がある。診断書を基に判定を下す医師(認定医)も、昨年四月の体制変更で、経験のない医師が大幅に増加。「正確な審査ができるのか」と当の認定医からも疑問視する声が上がっている。

「一人の診断書にかけられる時間は平均一分」。認定医を務める東京都内の精神科医の男性(69)は、審査業務の実情をそう語る。

男性は医師歴四十年超。日本年金機構から委託を受け、十年以上前から、毎月三回、うつ病などの精神疾患の患者や知的障害者の審査を請け負っている。審査が集中する時期には一度に百~百五十人分の診断書を見ないといけないが、開業医の仕事もあるため、一回二時間と決まっている。

精神の診断書はA3サイズ一枚。表面に、病状やその程度など、裏面に食事や清潔保持、対人関係など七項目の日常生活能力について、「できる」「助言や指導を必要とする」など四段階で主治医が回答する欄が並ぶ。時間的な制約から認定医が申請者本人を診察することはない。このため、「主治医として障害年金の診断書を書くなど、医師として相当の経験を積んでいないと、正確な判定を導くのは難しい」と話す。

 障害年金はこれまで、都道府県ごとに認定医の委託を受けた医師が審査業務にあたっていた。しかし、不支給となる人の割合に最大六倍の地域差があることが発覚し、昨年四月、東京に一元化された。これに伴い、機構は首都圏近郊で少なくとも六十人の認定医と新たに契約。大半が審査業務は未経験で、三百人いる認定医の五分の一を占める。通常の業務とは異なる認定医の仕事を進んで引き受ける医師は少なく、「未経験の認定医が増えれば、その分だけ短時間で正確な判定は難しくなる」と、男性は不安視する。

 書面のみの審査方法を疑問視する声も。昨年三月まで大阪府で認定医を務めた精神科医の古屋穎児さん(79)=奈良県生駒市=は「書面のみで審査している限り、認定医の判定には限界がある」と指摘する。

 障害程度の判定では、検査数値だけでなく、日常生活でどれほどの困難を抱えているかも重要な指標となる。病気やけがの程度は同じでも、日常生活への影響は人によって異なるためだ。ただ、主治医によっては治療に直結する検査数値を重視するあまり、生活状況に関する記述が不十分など、診断書の内容にはかなりばらつきがあるという。

 それでも、「認定医としては診断書を基に判断するしかない」と古屋さん。「障害年金を必ず受けられるとうたって、重症に装った診断書が出てきても見抜くのは難しいだろう」と懸念する。

 前出の精神科医の男性も、通常のカルテとは異なる診断書の書き方をきちんと理解しないまま記入している医師は多いと感じるという。このため、「主治医が正確な診断書を書けるかが審査の精度を高めるうえで重要。そのためには障害年金の理解も含めた医師への教育が必要だ」と話す。(ネット記事より)

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク