ご飯炊いた

スポンサードリンク


取り急ぎ今日の分のご飯を炊いた。
米2合少量の雑穀米を入れて炊く。
炊けるとご飯専用のタッパに詰める。

夫婦はそれぞれに好きな時間に食べる。
味噌汁も作った。これさえあれば妻は文句を言わない。

お昼はそれぞれに都合があるので、自分のペースで食べるようにしている。
僕は水泳に行くときは、11時ぐらいに少し早めに軽く食べる。お腹いっぱいだと泳ぐときに苦しい。
妻は12時前後に食べて、趣味の市民講座やボランティアに出かける。カミさんの場合、出先で食事が出る場合もあるので専用のタッパに詰めておく。常温でも数日は大丈夫。

夕食はだいたい5時半~6時頃に一緒に食べる。後片付けまで僕がするので、家のカミさんは楽ちんである。おまけに食費も公共料金も僕の負担だ。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク