脳卒中リハビリは、雨だれ石をうがつ

スポンサードリンク

 

脳卒中で片麻痺になると急性期の治療を終え、次に回復期といわれる段階に入る。いよいよリハビリが始まるわけだが、麻痺した体を動かすのは容易なことではない。だいたい気分がすごく落ち込んでヤル気が起きないのである。医師からは完全に治ることはない。後はリハビリで日常生活ができる程度になる。そういう人は多いですからリハビリを頑張ってください。そういって書類とともに次の工程へと送られる。

ナースに車椅子を押されて連れていかれたのが、リハビリ室と書かれた部屋である。そこには白い上下の服を着た人が数人いて、高齢者相手に幼児言葉さながらに対応し、「危ないから気を付けてネ」などの会話が聞こえたりする。患者の年齢は高く、まれに若い人の姿も見られるが、ほぼ高齢者と言っても差し支えないのが、脳卒中リハビリ室の風景である。

スポンサードリンク

結局は運動療法しかない

白い上下の服を着た人は、何やら老人の足をつかんでは屈伸をさせながら「はい、ゆっくり足を蹴ってみてください」とか「今度は足を引いてみてください」とか声掛けをしている。白い服を来た人は、昔は、鍼打ちの先生かマッサージさんと間違われることもあったが、今はリハビリの先生だということぐらいは知られている。彼らの事はPT(理学療法士)OT(作業療法士)という。医師ではないが専門学校を出て国家試験に合格した人たちである。

他に、ST(言語療法士)心理療法士と呼ばれる人がいて、失語症の訓練やメンタルケアーなどを行っている。一度壊れてしまった脳細胞はどんな薬を飲んでも治らないし、もちろん外科手術でも治らない。近年はボトックス注射といってポツリヌス菌というものを筋肉に注射することで突っ張りをなくす。と言われていて、一時は盛況を極めたが、今は話題にすらならなくなった。

代わりに登場したのが再生医療という概念だ。山中伸弥教授のIPS細胞などが有名である。新しい細胞を作り出すとかで、脳細胞の再生も可能ではないかと言われている。他の臓器はいざしらず脳細胞の再生にたとえ成功したところで、所詮画餅の域をでないだろう。絵に描いた餅は食えないのである。

壊れた脳細胞が復活したところで、運動神経のシステムが元に戻ることにはならないと思う。なぜなら体の運動機能は、体全体の神経システムが関与しているからである。関節、筋、筋肉、知覚神経などなど。体全体が密接に影響しあって、人間の運動がなりたっているからだ。壊れた脳細胞だけの問題ではない。正常な脳細胞だって影響している。

たとえ脳細胞を元に戻したところで、リハビリ訓練を継続せねばならないことには変わりがない。ボトックスがその良い例である。一時的に緊張はなくなっても薬の効果が切れると元の木阿弥である。永遠に高価な治療費の負担が待っている。

じゃあ、どうすればよいのかということになる。運動療法しかない。真理は不変である。今も昔も変わらない。運動こそ脳神経ネットワークの構築に欠かせない。だからどの病院に行っても運動療法を主体としている。しかし、この運動療法というのは結果が出るまで恐ろしく時間がかかるし、疲労感も半端ない。

アメリカの海兵隊の訓練のように荒々しいリハビリを遂行するにはどうするのか。ここはPTやOTなどの専門家の出番である。しかし、彼らは健常者なのだ。自分で麻痺を体験したこともなければ治したこともない。あるのは本で得た知識だけだ。半年のリハビリを指導できるぐらいである。トイレに一人で行けるぐらいになれば病院リハビリは成功と言える。

最後に

さらに次のステップへと進むわけだが、麻痺が固まると、もう専門家もへったくれもない。本人のヤル気が全てである。学歴も地位も名声も、金がいくらあってもどうにもならない。やったもん勝ちの世界である。本人が「俺はやるぞ!」とエンジンがかからなければ話は一歩も進まない。

ヤル気になるには呼び水が必要だ。それは希望である。あいつがやったんなら俺にだってできるさ。だから自分にだってできる。リハビリに成功した人を見てそう思うことだ。アナタだってきっとデキル。

全てはアナタのヤル気しだいにかかっている。苦しいときもある。泣きたいときもあるだろう。しかし、そこでサジを投げてはイケナイ。雨だれが長い歳月をかけて石に穴をあけるように頑張るしかない。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク