電話加入権は、今どうなっている?

スポンサードリンク

電話機から雑音がしてきた。20年前に買ったものなので寿命だろう。
新しい電話機を買おうと思って設置方法の確認をしている。

電話機から2本のコードが出ている。1本はひかり通信のアダプターとつながっている。
もう一本がアダプターの線だった。もうなんの線だかすっかり忘れていた。
パソコンや光通信の配線に紛れているので、線を引っ張ってアダプターだという事を確認した。

ふっと気になったことがある。それは電話加入権のことである。昔は電話を引く際にはNTTから電話加入権を買う必要があった。妻が電話を引く時に知り合いから5万円でゆずってもらっていた。
今も電話加入権は生きていた。ネットで調べると次のようになっている。

電話加入権を持っている人と借りる人(ライトプラン)の毎月の基本料金の違いは250円(税抜)ここ参照

スポンサードリンク

いずれなくなるだろうが、

今も残っているとは知らなかった。

ちかいうちに電話機を買いに行こうと思う。スマホがあるので固定電話は必要ない気もするが、やっぱあった方がいいかもと思い直している。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク