松本走りとは、強引な右折

スポンサードリンク


最近、テレビで松本走りの特集をやっている。
なんだろうと思う。どうやら長野県松本市の住民の間で横行している運転の方法だという。
特に、対向車があるにもかかわらず、わずかなスキを突いて、強引に右折することを言うらしい。

最近起きた大津市で起きた園児に車が突っ込んだ悲惨な事故の原因が、52歳の女性が、右折しようとしたことが事故の原因につながったことから、強引な右折で有名な松本走りに注目が集まったようなのだ。

大津での事故に鑑み、松本市としても、こういう悪質な運転は止めて欲しいと広報で呼びかけている。

地方には暗黙の交通ルールがあるのも現実だろう。

松本走り

長野県松本市の担当者は「城下町で道路が狭く、右折レーンを設けられない場所が多いので、わずかなスキに曲がる車がいます」といい、広報紙で注意を呼びかけたほどだ。

福岡走り

直前でサイドブレーキでかけて、急停車し、追突させる当たり屋が横行していた時期があり、北九州ナンバーと筑豊ナンバーがほとんどで、気を付けろと言われていた。

名古屋走り

左折する対向車の前を強引に右折する、黄信号で交差点に突っ込む、ウインカーを出さずに曲がったり車線変更したり。前に並ぶ車より先に右折する車や、対向車の左折と同時に強引に右折する車もある。中には、右折レーンから信号が変わった瞬間に直進レーンに割り込んで前の車を追い越す者もいる。

茨城ダッシュ

交差点にて、信号が赤から青に変わる前に交差点に進入し(直進の対向車が来る前に)ダッシュで右折

伊予の早曲がり

茨城ダッシュと同じく、信号が赤のあいだに交差点に進入して右折

阿波の黄走り
信号が黄色に変わった瞬間、スピードを上げて猛スピードで交差点を通過

スポンサードリンク

山梨ルール

阿波の黄走りと同じ悪習が山梨にも存在

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク