膝は曲げるものではなく曲がるもの。

スポンサードリンク

できた。

2足歩行とは実に不思議です。小さな足の裏だけで、人の体を支えて移動するのですから、そんなことができるのは人間だけですね。人形でさえ、立たせようと思ったらバランスを取るのが非常に難しい。

突っ張りが強いので、歩こうとすれば足を振り回すか引きずるしかありません。足が上がらないからそうなります。だから足を上げて歩くようにリハビリで指導を受けてきました。殿筋歩行というものです。しかし、麻痺が強いととてもできるものではありません。この動画がそうです。渾身の力を込めて足を上げるのでとても疲れて長くはあるけません。

次の動画は足を強引に上げないで普通に歩きます。反張が軽減しているので、足で体を押すように歩くので歩行が楽です。

膝が曲がらないから膝が曲がるように、中腰で猿のように歩く方法もPTから教えられました。しかし、これも何年やっても効果はありません。ある人から膝は曲げるものではなく、曲がるものだと。そういう話を聞いて、なるほどと思いました。

それから今日ツイッターでこんな記事を見つけて、そうだったのかと、大いに参考になると思い、これを勉強することにしました。その記事が、メガネサルさんの書かれたこの記事です

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク