リハビリ中の高山善廣と曙

スポンサードリンク

2019/03/22日10PM

何気にTBSにチャンネルを合わせると、壮絶な殴り合いをしている画面が出て驚いた。重量級のボクシングだろうか。そうおもったが、知らない顔の日本人と外国人の男がめちゃくちゃ殴り合っている。それはもうボクシングというよりもただの喧嘩である。ルールも何もあったもんじゃなさそうだ。ボクシング映画のロッキーのように顔が血だらけで変形している。それでも殴り合いを止めない。

あれだけ頭を殴られたら脳が内出血を起こすなど損傷するだろう。そういう思い出テレビを見ていた。それから番組はある男の闘病記を紹介していく。ここで彼がプロレス界の帝王と呼ばれる高山善廣という人物だと知った。なんでもその後の試合で頸椎損傷が損傷し、首から下が全部麻痺しているそうで、現在寝たきりだという。詳細はここ

スポンサードリンク

曙も闘病中

すると今度は元大相撲の横綱だった曙の闘病記へと切り替わる。曙がプロレスラーに転向し格闘家となったまでは知っていたが、まさか寝たきりで歩行もおぼつかない状態だと知って仰天した。どうしてそんなことになったのか不思議だった。試合で頭をメチャクチャ殴られたことや病気が原因だろう。詳細はここ

過去の栄光も今は昔。重い障害を負った体でこの先どうやって彼らは飯を食っていくのだろう。

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク