古賀市の障害者スポーツ

スポンサードリンク

久保田先生は僕の住む団地の近くの戸建てに住んでいる。視覚障碍者であるが少しは見えるらしく、障害者のスポーツ指導員をしている。元々は高校だかどっかで体育の先生だったが事故に合い視力が衰えたそうだ。

久保田先生と僕とで古賀市の体育館で障害者の風船バレーを始めた。もうずいぶん前になる。僕は足が遠のいたが、先生は地道に活動を続けている。昨日(2/27)久しぶりに自宅を尋ねたら3月9日にパラリンピック競技の勉強会があるので見に行くことにした。たぶん、ぼっちゃという競技の説明があるのだろう。他にも何かあるのかもしれないけど。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク