いずも型護衛艦を、空母に改装するすることを考察する。

スポンサードリンク

 

海上自衛隊の護衛艦いずもを空母に改造を検討するという次期「防衛計画の大綱」に具体的な指針が盛り込まれた。

ロッキードF35B型の運用が可能なように改造するというのである。F35Aであれば運用は難しいだろうがB型であれば可能だろう。このことは計画当初から織り込み済みであったと思われる。設計の段階で将来的にF35Bの運用が可能なように計算されていたと思われる。

しかし、B型は米国の空軍、海軍、海兵隊の3軍でも使用するので、3軍すべての要求(攻撃、爆撃、空戦)に応じるために計画当初よりも重量が重くなっている。このためパワー不足が指摘されている。これは戦闘機としては致命的な欠陥だ。機体が重いと迅速な発艦や着艦ができない。鈍重な戦闘機はほとんど役に立たない。
(B型では垂直離着陸が求められるため強大なエンジンパワーが必要となる)

軽空母保有の意見は昔から根強くあった。しかし、憲法上攻撃型の空母は持てないので、ヘリコプター専用の護衛艦という名目で強引にDDH型に分類した。護衛艦日向型ならばヘリ空母と言われればそうかもと思うが、いずも型ともなれば旧海軍の正規空母飛竜と比較しても一回りサイズだ。いずも型護衛艦は大した改造もなく空母へ変身できるだろう。

護衛艦とはいえ、対艦ミサイルや魚雷といった攻撃兵器を搭載していない。だが、乗員が甲板を歩かずに外周を移動できるキャットウォークを備えていることから、海外の専門書は「ヘリコプター空母」(英ジェーン海軍年鑑)に分類している

いずも 全長248メートール最大幅38メートール基準排水量19500トン満載排水量24800トン

飛龍 全長227メートール 最大幅22メートール 基準排水量17300トン満載排水量21800トン

 

動画で見ると短い距離で発艦しているのがよくわかる。VTOL(垂直離着陸)機能を備えたF35B型ならではである。このタイプは 世界初のVTOL機、イギリスのハリアー戦闘攻撃機搭載の軽空母インヴィンシブルがフォークランド紛争で活躍したという古典的な部類に入る。

通常の空母であればカタパルトを備えていないと重い機体のジェット戦闘機は発艦できない。その点VTOL機のF35Bならばいずも型での運用が可能である。(ただし戦時において爆弾を装備すると、機体が重くなるのでスキージャンプ式でないと発艦できないかもしれない)

なぜ最近になって急に空母へ改造の話になったのかと言うと、尖閣諸島と北朝鮮情勢を見据えた日本側の意向とアメリカ側の思惑が合致したからだろう。尖閣諸島が中国に占領されてもアメリカは助けない。そういう不安が日本側にはあり、アメリカは海自を下請けとして使いたいからだ。攻撃用の発艦は無理としても米の原子力空母から飛び立たせて任務を終えた機体をいずもに収容するのは可能と考えたからではないか。それに兵器も売り込みたいという軍需産業の意向も見え隠れする。

元々海自には軽空母を持ちたい願望があった。北朝鮮情勢が緊迫する今、空母保有の千載一遇のチャンスなのだ。今なら世論の反対もかわせる。

 

スポンサードリンク

最後に

VTOL機というのは着艦する時に甲板に高熱のジェット噴射をするので、甲板を耐熱塗料でコーティングしなければならない。日向や伊勢でオスプレイを着艦させる訓練をしているところを見ると、すでに耐熱飛行甲板の技術は確立していると思える。耐熱塗料の技術は大日本塗料が持っていると聞いている。空母改造など簡単にできるだろう。

しかし、空母を保有するには空母を守るためにイージス艦や潜水艦や補給艦など複数の艦船が必要となる。また実戦配備用と訓練用とドッグ入りの保守点検用の3セットが必要であり、その他にも隊員の訓練や人件費、維持費など艦隊を維持するためには莫大な費用がかかるのである。アメリカでさえ莫大な維持費に頭を抱えている。

あまりにも金がかかりすぎるし、もっと他の方法を考えて、福祉や国内産業育成に予算を回した方が良いのではないだろうか。かといって中国人が尖閣諸島に上陸した時の事を考えるとあった方が安心ではある。何事も話し合いで解決できれば、高価な兵器類も必要ないのだが。現実を見ればそうもいかないし。

また、不具合が多いことも指摘されている。F35は本当に使える戦闘機なのか

F35 「曲がれず、上昇できず、動けない」うえ「戦えない」が高価

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク