脳卒中で足の突っ張りは強くて、膝が曲がらない

スポンサードリンク


僕の麻痺足は棒足といって、膝が伸びたまま曲がらない。
この状態で歩こうとすれば、腰をひねって足を外に振り回して歩くので、外旋歩行と呼ばれているのだ。膝は反張膝になっているのでとても歩ける状態では無い。これに内反と言う足裏のひっくり返りと尖足と言って足首がタレたままの状態である。

このような状態ではとうてい歩行など不可能なのだが、無理をしてでも歩かないと寝たきりになってしまうので強引に歩いた。歩くと言っても健側の足1本で歩いているようなもので、このブン回し歩行というのは死ぬほど疲れる。まあ。だいたいこういう非常に緊張の強い状態では歩行訓練すら指導してもらえない。医師もPTもサジを投げてしまうのである。
脳卒中の後遺症でアキレス健が縮んでしまうのがこのような症状を引き起こす大きな要因となっている。それで、このアキレス腱を伸ばせと言って、PTが矯正台に立たせたりするのであるが、5分もすると元に戻ってしまう。

尖足とはどのようなもので、どのような問題があるのだろうか。
通常私たちが床の上に立った時、指先から踵までが床に着く。それでも、足の裏が全て床に着いているわけでは無い。土踏まずと呼ばれる、足の裏のアーチが床から離れている。これが正常な足の着き方である。

スポンサードリンク

内反尖足という二次障害

反面、尖足になっていると、踵が床に着かない。もっと強い尖足であると、足の指先方向半分ほどしか着いていない。最もひどい場合には、指先だけで立ったり歩いたりしていまう。

尖足になる原因は、下腿三頭筋(ふくらはぎ)の短縮が最も多いと考えられる。この尖足によって、立位や歩行バランスが悪いだけでなく、階段や坂道を降りるのにとても不安定となる。 尖足によって、足のアーチが壊され、尖足を正常に戻すための手術を受けた後にも、アーチが回復することはない。アーチの無いベタ足で歩くと、早く疲れたり、長い距離を歩くことができなくなる。

腰を落として膝を曲げようとしても途中でビーンと跳ね返されてしまうのである。まるでアキレス健がピアノ線でできているかのようだ。それでも歩きたい一心で足を引きずるように振り回しての歩行をした。PTからは膝を曲げてゆっくり歩きなさい。と良く言われたが、緊張が強いからとうていできることではなかった。

人間は、膝をわずかに曲げた状態で歩いている。脳卒中の後遺症があると多かれ少なかれ似たような症状があるのだが、棒足というのはとかくやっかいなものである。

最後に

27年間歩く訓練を頑張っても棒足の改善はない。わずかに変化があったのは2011年に水泳を始めて半年後である。それまで意識しないと曲がらなかった膝がわずかに無意識で曲がった。大喜びしたがすぐに歩行が楽になるということはない。それでも水泳を続けているとわずかに改善がみられた。水泳開始後4年目に、麻痺側も意識して動かして泳ぐように切り替えた。この泳法は想像以上に苦しい。健側の右手1本で泳いだ方がずっと楽だあけど。麻痺側も動かさないことには改善が見込めないという思いから苦しくても続けた。すると麻痺足でも少しだが体重がかけられるようになり歩行も楽になってきた。もっと早くから水泳に取り組んでおけばよかった。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク