軍事力削減で、介護予算を捻出できるか?

スポンサードリンク

防衛省が新型イージス艦を「まや」と命名した。8000t(1680億円)
現在、海自は6隻のイージス艦んを保有している。これに空母タイプの護衛艦「いせ」と「いずも」も広義で言えばイージス艦と言えるだろう。
陸上―ジスというもの装備も検討されている。(運用費込み5000億円)
1機200億円ともいわれる、F35戦闘機の100機購入の話もある。
これらを合算すれば1兆円は優に超えるだろう。これらをばっさり削り、福祉の予算に回す。と言えば聞こえは良いが、保守派の納得を得られないだろう。

防衛はどうするのか。しかたがない。核武装しよう。これなら安上がりだ。核装備が現行の軍事力よりも、リーズナブルなのは北朝鮮が教えてくれた。などと言えばとんでもない。と袋叩きになるのは眼に見えている。

XASM 3

F35なんて制空戦闘機はいらない。それとも憲法を改正して装備できるようにするか。専守防衛なら迎撃専門のインタセプターだろう。それなら国産のF2戦闘機がある。三菱製で支援戦闘機だが、空自が開発中の新型ミサイルXASM 3を装備すれば、中国の空母は一瞬で撃沈できる。なんせ、このミサイルは、海面すれすれを音速で飛ぶのでレーダーに映らないという代物である。このミサイルをF2戦闘機は装備できる。

スポンサードリンク

日本はアメリカのATMか

イージスシステムで本当にミサイルを撃ち落とせるのか?鉄砲の弾を拳銃で撃ち落とすことと同じで、にわかには信じがたい。

F35・イージスシステム・レーダーなどの高度な兵器はすべてロッキードマーチン(軍事産業で売り上げ世界一)社製である。そしてユダヤ系金融屋のロスチャイルドの持ち物だ。

とどのつまりがアメリカの軍需産業のお得意様になっているだけではないのか。幕末にもアメリカの南北戦争で南軍が使っていた古い銃が大量に余った。これを日本人が大量に買わされた。ラストサムライという映画がそれである。最新鋭の兵器をアメリカが売るはずがない。売るのは古いタイプだ。

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク