朝食の風景

スポンサードリンク

コーヒはボトル

ネスレ900ミリボトル(甘さ控えめ)1本89円だったが、UCCの900ミリボトル(職人の味・低糖)1本85円に代えた。というよりもルミールにそれしかない。味はネスレの方がよかった。しかし置いてないのでUCCを買うしかない。インスタントコーヒーも色々あるが、ボンビーなので値段で決める。よほどまずくなければそれで良い。

マーガリンを付けて普通にトーストにしたり、3個100円のコロッケを挟んでコロッケサンドにしたり。これにバナナ半分とコーヒーが朝食になる。昔はハムエッグや目玉焼き、スクランブルエッグなども作っていたが、だんだん面倒になってきた。

新婚当初はご飯に味噌汁、卵焼き、焼き魚も用意したが、1年ももたなかった。毎日のことだから利便性や経済性が優先する。出された物を食う。これが一番楽でいい。少々まずくても腹が減れば我慢して食べられる。子供のころみたいに親がいれば面倒を見てくれるが、結婚して所帯を持つと、夫婦のどちらかがやるしかない。

スポンサードリンク

朝はセルフで

基本的に食事の用意は僕がする。しかし、朝食はセルフだ。妻用には粉コーヒー、レーズンロールとヨーグルト、スキムミルクを、自分には6枚切りの食パン、コロッケを準備する。で好きな時間に起きて好きなように食べる。ボトルコーヒーを妻は嫌うので、自分でコーヒーを淹れている。自分で煎れると味が薄くてまずいのでボトルの方が美味しく感じるが、妻はボトルを嫌う。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク