東京オフとベランダ西瓜

スポンサードリンク

住まいは集合住宅の5階、

写真では下から3列目。

大玉西瓜の種を福祉センターのプランターに播いた。6月13日の事である。
発芽は遅く、二枚葉が出たのは2週間後で写真の状態。

 

団地のプランターへ移植

この苗を団地のベランダで育ててみようと思い立ち、2キロ離れた福祉センターから
団地まで豆腐の容器に入れて運んだ。途中で苗が萎れてしまいもうダメかと思われたが、
用意したプランターに移植した。あくる日には葉は完全に枯れ、爪楊枝のような芯だけが残った。
それでも水やりを続けていると、やがて小さな葉っぱが出てだんだん成長してきた。

それでも生育の状態は悪く、西瓜の実が着く事は無いかもしれない、という思いであった。
途中、世話をするのは止めようと思ったが、一度は枯れたものがここまで復活したのだから、
ひょっとしたら実が着くかも知れないという思いに変化して世話を続けた。

農業試験場からのアドバイス

弦は2本仕立てとし、左右1個づつ実が着いた。最初は同じスピードで房が肥大していたが、
8/16日ぐらいから左の方が大きくなった。2個成らせるのは無理と思って右の方を弦ごと摘果した。
しかし、これがマズかった。後で専門家にネットで見て見てもらったら葉数を確保するために、
実は摘果しても弦は残しておくべきだった。後は水やりを適切にして枯れないようにするように
とのアドバイスを受けた。
光合成をするためには葉っぱの数が多くないと実が大きくならないそうだ。
プロが作る立体栽培では中玉1本仕立てで、25節目に実を着けさせるという。

肥料焼けか

8月の終わりになると右弦の先端から枯れてきた。原因は肥料焼けである。
プランター栽培ではどうしても肥料をやり過ぎてしまう。
肥料をやらないと実が大きくならないし、やり過ぎると枯れてしまう。
露地植えだと多少やり過ぎても土がふんだんにあるので、他で吸収してくれるから
極端にやり過ぎなければ良いというが、プランターの場合、そうはいかない。
ちょっとでもやり過ぎると直ぐに影響が出るので慎重にならなければいけない。
しかし、実が着くと嬉しくなって、ついつい、過保護になってしまう。

スポンサードリンク

台風に備えて

ベランダの台の上から下におろし、これをさらに部屋の中に運び入れた。

9/4台風が接近してきたのでプランターを一度床に降ろして室内に入れた。
片手と片足しか使えないので移動には大変難儀した。

9/9~9/12日まで東京オフで留守にしていたので弦は枯れていた。
出かける時、十分水やりをしていたが甘かった。
留守にする時は自動で水やりする仕掛けを作っておくべきであった。
9/13日に収穫した。熟れ具合は上々だけど、甘さは無い。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク