買い物リハビリ

スポンサードリンク

 

201102091015

JR古賀駅舎の南口。サンリブ古賀店を目指すには駅の階段を上るか、迂回して駅前に出ないと目的地へは行けない。迂回すると遠いのと、階段を利用することでリハビリ効果に期待した。発病当初は階段を避けていたが、旅行などすると駅は階段だらけなので、渋々やり始めた。緊張が強くて足の突っ張りが非常に強いので難儀する。

200903051305

毎日サンリブ古賀店へ買い物に行く。途中駅舎の階段を上る。エレベーターもあるが、重い物を持った時や疲れている時以外は階段を使って2足1段で上る。50段あるので、結構キツイ。階段リハビリを始めた当初は10往復ぐらいしていたが、へこたれて買い物の行き帰りだけにした。

(この写真が階段リハビリを始めた当初)

続かないので1往復にした。このころから水泳を始めた。

200903051310

階段を下りたところにあるバス停に座ってガラケーで動画撮影。片麻痺で歩きながらサンリブを目指す。ケータイが揺れるので映像も揺れる。まだスマホが一般的でなかった。

スポンサードリンク

JR古賀駅前のバス停

ここを通ってサンリブ古賀店へ。

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク