障害者恋愛考

スポンサードリンク

しつこく交際をせまる

女性が介助に来ただけで、股間を大きく膨らませる障害者がいます。
女性の介助者、特に若い女性の介助者を見ると「メルアドを教えて」と必ず聞く障害者がいます。
すぐに女性の介助者を好きになって「付き合ってください」「彼女になってください」と言う障害者がいます。
「お付き合いはできない」と断っても、「メールだけ」といってメールのやり取りを求めた挙句に、結局またお付き合いを迫る、または自慰の介助を求める障害者がいます。

ある40代の既婚の介助者は、ある障害者に自慰の介助を頼まれ「手伝いは出来ない」と断わったのです。すると後日、市を経由して「態度が悪い」と、障害者からクレームが来たとの知らせを受けました。

ある障害者支援のブログで、障害者の恋愛講座を見ていたら、上記の書き込みがあった。むむむ、確かにそういう障害者は僕も知っている。とかく多くの障害者は恋愛に大変な憧れをもっている。障害者だって恋がしたい。誰か僕の彼女になってください。などという書き込みを掲示板で見かける。

さて、障害者の恋愛について書こうと思うのであるが。どう書いていいのかわからないので思うままに書いていこう。障害を持つとどうしてもわがままな部分が出てしまう。障害者だから仕事も見つからなければ恋人もできない。世間が冷たい家族が何もしてくれない。こんな体で生きていてもしかたない、死にたい。そう言って嘆く障害者は結構いる。

障害者だからモテないのか

障害者だから恋人だできないというのは逃げではないかと思う。重度の障害を抱えていても彼女がいる障害者もいるし。結婚して家庭を持っている人もいる。障害があるからモテないというのは言い訳に過ぎないように思う。健常者ならモテるかと言うとさにあらずである。学歴が無い、勤める先がよくない。容姿が悪いからもてない、と。こうなる。しかし、現実には学歴がなくてもイケメンでなくても。若くなくてもモテる奴は高齢者でもモテている。

だから障害者だからモテないというのは当らない。早い話、本人に魅力が無い、そういうことになる。ある重度の障害者だが、その人は生まれつきの障害者で、電動車いすに乗っているのだが非常に女性にモテるのだという。健常者の妻がいて子まで設けている。そして他にも女性の存在があるような事を匂わせていた。講演会で話を聞かせていただいたのだが。話術も巧みで同姓から見ても魅力のある人物であった。その仁が言うに障害者は臭くて暗いし金もないというのである。だからこれをなんとかしなくてはならない。そんな内容の話であった。

確かにそうである。障害者の全部がそうだとは言わないが、口臭がする。小便の匂いがする。強烈な体臭がする。そういう障害者は結構いる。ま。これはほとんどが男の場合であるが。女性は体が不自由でも身だしなみは気を使うのだろう。かくいう自分だって思い当たる節があるので大きいことは言えない。重度の障害者で口臭がひどくて近づきたくない。体臭がひどい。そういう男性が身近にいる。それと鼻毛が伸び放題になってる。

スポンサードリンク

身だしなみは大切だ

手が使えなかったりすると歯磨きもままならないこともあるだろう。そういうときこそボランティアさんやヘルパーさんの派遣を依頼したらどうだろう。知り合いに重度の脳性まひの女性がいるが、この方は健常者の旦那さんがいて幼稚園児の可愛い女の子もいる。どこにでもある普通の家庭である。

インターネットで知り合った中年の女性は電動車いすにのっているが、ネットで知り合った大学生と恋に落ちて結婚したと聞いた。もちろん、障害者同士で結婚して幸せに暮らしているカップルも僕の周囲には結構いるのである。他人のことはさておき、もうすぐ還暦を迎えようとするわが身を振り返って、加齢臭がしやしないかと気になってしかたが無い。口臭や体臭がしているとは身内と言えど、なかなか注意しずらいものである。他人ならなおさら口臭がしても誰も教えてはくれない。自分自身を省みてそう思う。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク