片麻痺で良い方の手が痛くなった時の、対処法

スポンサードリンク

午前中に買い物に行こうとしたが、肩が痛くて、途中から引き返した。これはいかんと思って、午後整形外科を受診した。去年、痔の手術を受けた古賀中央病院である。
午後1時半に受付したが、整形の診察は午後3時からという。その間に外出して買い物をしてきた。病院の待合室は暖かい。朝の痛みはすっかり治っている。なんともないのだ。おかしいな、朝の痛みはなんだったんだろうと考えていると。ヤット名前が呼ばれたのは4時近かった。レントゲンを撮って、医者の問診を受けた。手を上げたり下げたり回したり。いろいろやっても問題なく動く。レントゲンも綺麗だという。
「冷えから痛みが発生することもある。部屋を暖かくする。肩を動かして血行を促す。シップを貼る」などという。
「え、シップ、冷えるのでは」と思ったが、そうでもないらしい。結局、塗り付けるタイプのものを処方してもらった。

痛みが酷ければ神経ブロック注射を打ってもらおうとも。痛み止めの飲み薬を出してもらおうかと考えていた。結局、冷えが原因とは「泰山雷同して鼠一匹」の感アリ。情けないけど。片麻痺者にとって健手の不調は恐怖怯える。

ある日突然良い手が痛くなる。

麻痺側にばかり気を取られていますが。動く方の手に痛みが生じたら痛くて動けなくなってしまいます。突然、動く方の右肩から腕にかけてが痛くて動かせなくなって慌てました。健手を毎日使っていますからね。その影響かもしれない。とは言え、使うのは日常生活と水泳ぐらいですから。プロ野球の選手のように極度に酷使するわけでもありません。健常者でも利き腕を使う人がほとんどで特別酷使しているという意識はありません。整形外科でレントゲンを撮っても異常はありません。

痛みはずっと続くわけではありません。安静にしていたりすると治ってしまいます。でも治ったと喜んでいると、また痛くなります。酷いときは痛みに耐えられなくなり、整体や整骨院に駆け込みますが、その場しのぎにしかなりません。

スポンサードリンク

これは神経痛と呼ばれるもので、

これといった治し方がありません。特に、寒い時期になると神経がうぞくと言われます。暖かくすることが一番ですね。特に強い痛みが無ければ運動すると痛みが治まることもあります。神経痛は原因が特定できないので、実にやっかいです。

痛みが激しいときは暖かくして休みことが良いと思います。シップを貼るというのも一考です。

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク