福岡県広川町は、ひとり八女郡の謎

スポンサードリンク

 

カリーナハードトップ

僕は若いころ、といっても28になっていましたが。呉服の担ぎ屋を始めるためにカリーナのハードトップ1600を買いました。車両価格が138万円でした。
そんな金はないので、あきらめようとしたら、福岡トヨタのやり手の営業係長が、
「5万円のオール月賦で、どがんね」
とこう切り出しました。
どういうことかといううと。銀行から正常な融資ができない客にはマルセン手形というので処理するというのです。当時のローンは24回まででしたが、マルセン手形だと36回まで分割できるというのです。5万円×36回=180万円になります。
つまり42万円の利息が付くことになります。

冷静になればこんな高い金利ならあきらめるところですが。車が欲しくてたまらない僕は。一も二もなく飛びつきました。田舎ゆえ車がないと。どうにも動きが取れません。デートはおろか。彼女を見つけることも至難の業でした。

以下は余談

このころはパソコンもインターネットもありません。喫茶店には、インベーダーゲーム、テニスゲーム、スーパーマリオができるテレビゲームが置いてありました。100円玉を入れると動きます。福岡県八女郡広川町では喫茶店「サンラビ」が大盛況でした。

福岡の八女というところは。あまり知らていない田舎ですが、実業家のホリエモンさんや。女優の黒木瞳さんの故郷と言ったら、わかりやすいかな。ま、いずれにしても、封建時代の価値観が。いまだに民衆の意識の奥底に息づいている。そんな感じの地域です。旧八女郡は、ほとんどが八女市に吸収合併されてしまいましたが。僕の生まれ故郷の広川町だけが、合併を嫌がり、一人八女郡となってしまいました。

郡制度というのは。

複数の村落が集まってできるのが普通ですが。八女郡の場合は、広川町だけという不思議な仕組みです。財政的に広川町は黒字なので。南隣の八女市からも、北隣の久留米市からも。合併のお座敷がかかったのですが。町民が八女派と久留米派に、分かれてしまったのです。

久留米市というのはブリジストンタイヤの発祥の地であり。歌手の松田聖子さん、女優の吉田羊さんの故郷ですね。あ、そうそう。チェッカーズもいました。その他、俳優の石橋凌ともかいました。近隣では芸能人は多いのですが、広川町は誰もいません。

 

スポンサードリンク

JA関係(農業)は八女市と一緒になりたいが…

 

商工関係や新規転入組は久留米市と合併したい。財政的に黒字の広川町を。久留米市は取り込みたい。しかし、久留米市にすでに合併している。田主丸町が待ったをかけます。田主丸も広川町もフルーツの里が売りですから。重複すると農政上面白くないと懸念したのでしょうね。他にも色々と。複雑な事情がからんでいると思いますけど。

ま、そういうごたごたが。故郷から聞こえてきておりました。それからオトンコトンなかったのです。しばらくすると八女郡は広川町だけになっていたので仰天しました。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク