魚焼きグリルは毎回掃除をすると良い。

スポンサードリンク

大晦日ということでキッチン周りの掃除が欠かせない。

特に面倒なのが、ガスコンロを置いている台の掃除。普段はコンロの下まで掃除しないので1年分の油汚れが付いている。片手で掃除だからもう面倒くさい事この上ない。動く方の手の指に油汚れが付くのを落とすのだが。両手が使えると左手にスポンジを持ち右手の汚れを落とせるが、片手だとそれができない。どうするかというとスポンジに洗剤を付けてスポンジを揉みながら落とすので、べたつきがなかなか落ちない。台に置いた布巾に手をこすりつけたりとか。

コンロの台は動かないので、片手で押さえなくてもよいが、魚焼き用のグリルは左手で押さえられないので、油汚れが落ちない。サバやイワシを焼くと黄色い油が付着する。この油はこまめに掃除しておかないと固くなりこびりつくので片麻痺者には手に負えなくなる。

スポンサードリンク

最後の買い物へ

25日過ぎからぼちぼち掃除をしていた。しかし、コンロは毎日使うのですぐに汚れる。結局31日の夕飯が済んでから最後の掃除をすることになる。お昼も食べたし掃除もだいたいめどが付いたので午後から最後の買い出しに行かなくては。

拙いブログですが、見ていただいてありがとうございました。

皆様、良いお年を。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク