泣く子と地頭には勝てない、しつこいNHKにゲンナリして再契約

スポンサードリンク

NHK受信料の集金は外部委託の取り立て専門の業者に委託されております。
最初は温厚なおじさんがやってくるのですが、支払いを拒否していると次第に質の悪い人物が入れ代わり立ち代わりやってきて脅したりすかしたりします。電話で督促されることもあります。その手口は実に巧妙で、時間をかけてゆっくりと心理的圧迫をかけてきます。彼らの言い分は

「テレビがあれば受信料を払わないといけないきまりです。そう法律で決まっています」

とにかくしつこい

何が何でも払え。この一点張りです。年金生活で苦しいから払えない。といっても彼らは聞く耳を持ちません。お年寄りであれ障害者であれ、集金人はしつこく迫ります。知り合いに全盲の人がいるのですが。その人もしつこい集金人にからまれて閉口していました。眼が見えなくても音は聞こえるから。というのが集金人の言い分でした。困った全盲の人は市役所の福祉課に相談し、間に入ってもらって、やっとNHKから許してもらいました。でもこれは全盲の人が70歳の一人暮らしだったからで、家族が同居していたらダメだそうです。障害者の家庭に限らず東北地震で被災した仮設住宅へも容赦なく集金にくるとききます。

プロの応酬話法に素人では勝てない

集金人も上級者になるとトーク術が実に巧みです。人間の心理学を取り入れた応酬話法で攻めてくるのでいたいけな素人は抗弁できなくなります。それはそうですね。応酬話法とは営業トークで活用できるように人間工学的な面もかられて作られたものですから。フウテンの寅さんの啖呵売とはわけが違います。面白くもなんともないわけで法律を守らないのは貴方だというスタンスで押してきます。こちらだって法律で決まっていると言われると負い目があるので弱いのです。

「NHKの職員だって殺人は侵すし、視聴者を強姦したり、受信料を横領したり盗撮や下着ドロボーをするじゃないか。NHKが法律を守らないのになんで俺だけが責められるのか。そもそも受信料を払わなくても牢屋に入れるとか罰金を払え。とかどこにも書いてないぞ。ということは。受信料の支払いはあくまでも任意だと解釈できる。お寺さんのお布施のようなもので払える人が払えば良い。そういう解釈もできるぞ」

こういうと

「貴方の主張もわかります。その通りですよ。私も個人的にはNHKのいうことは矛盾していると思います」
などと言ってこちらの言い分を一応認めるのです。この辺りが報酬話法の真骨頂なのかもしれません。あ、この人は信用できるかもしれない。そうやって相手のこともある程度認めつつ法律を盾に取りじんわりと追い詰めていくわけです。決して深追いはしません。そして、一か月後ぐらいに更に弁のきいた生きのいい新手がやってきます。淡々と法的手段に訴えると

「どうするかは貴方が決めてください」

と突き放します。この突き放しがミソですね。決めるのは貴方ですとこちら側に非をおっかぶせてしまいます。裁判の面倒さと今後も続くだろうNHK側の闇金なみの追い込み。最後のとどめがややハードルを下げた料金の提示です。

「あ、ここはBSは受信できませんね。BSがあると高くなりますから地上波だけにしておきましょう」
「それとこれまでの滞納料金の督促が半年ごとに届きます。でもこれはお金が用意できたら払ってください」

スポンサードリンク

泣く子と地頭には勝てない

と払わなくても良いともとれるようにあいまいな言い方をします。そして東京のNHKの取り立ての総本山へ電話をさせられます。再契約の確認というわけです。滞納分は出来るだけ払ってください。という言い方をします。もうこうなればこちら側の負けです。再契約さえしてしまえばNHKお得意の法律で押し通せますから。

NHKの受信料は6500億円ぐらい集金します。その中の800億円~900億円が受信料の取り立て費用だそうです。取り立て業者に払う費用とか、その他モロモロかかるのでしょう。取り立てに800億とか900億とか大金を投じてくる相手に個人が勝てるはずはありません。泣く子と地頭には勝てないの例え通りに貧困者は泣くしかありません…

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク