交通事故軽症の体験談

スポンサードリンク

201104091453

2007年3月28日。僕は買い物帰りにT字型の交差点で信号待ちをしていた。信号が青になったので渡り始めた。同時に対面方向から1台の白い大衆セダンがゆっくりと近づいてきた。今にも車は止まりそうに感じたので、そのまま歩を進めた。しかし、車は止まってくれず僕の右臀部辺りに接触し、転倒した。

すぐに人だかりがして、誰かが救急車を呼べと叫んだ。ぼくをはねた運転手は、そばによってきて痛くないかと言っておろおろするばかりであった。大した痛みもなかったので、大丈夫だよ、と運転手に告げて、救急車に乗った。近くの旧国立病院に運ばれた。問診がありレントゲンを撮ったが別に異常も無い。診断書を書いてあげるから痛くなったら、また来てくれと言われ、病院の医事係りがきて約3万円の費用を払ってくれといわれ仰天した。

持ち合わせがないので後日支払いにくるというと、借用書を書かされた。病院の待合室から携帯で110番し、事故の顛末を告げた。事故係りが行くまで、現場で待機していてくれというので、歩いて現場に戻ると、事故を起こした運転手は現場近くのスーパーの駐車場で待っていた。

その日の夕方、相手方の保険会社から人が来て保険についての説明がなされた。
1、保険というのは強制保険と任意保険のふたつがある。
2、事故の場合、強制保険で治療をする。それでも治らないときに初めて任意保険が有効になる。
3、強制保険の最高限度額は120万円である。
4、強制保険の請求をするのに委任状が必要だから印鑑をついてくれ。

などと言われたが、なんのことかサッパリわからなかったが、痛みもないので押印した。その夜は何事もなかった。しかし、朝起きようとしても起き上がれないほどの痛みが発生し、やっとの思いで起き上がり、国立病院へ行った。これはどこかの骨がいかれていると思って必死に訴えるも、医師は痛み止めの薬を処方してくれた。そして交通事故は開業医の先生が良く見てくれる。と。そういうのである。市内のK整形外科を紹介された。

整形外科でレントゲンを撮ってもらったが骨に異常はないという。しかし、痛くてたまらないのである。それで。とにかくリハビリをやろうということになりホットパックや高周波を患部に当てる治療が始まった。こうして毎日の病院通いが始まってゆく。

スポンサードリンク

最後に

横断歩道を歩いているからといって油断はできない。運転手はケータイをいじっていた。T字路の交差点で車は右折するために徐行していたから軽症でよかったものの。直線道路ではねられていたらと思うと片麻痺がある上に健側の手足が骨折でもしていたら。寝たきりになる恐れもあったわけで、今更ながら背筋が寒くなる。自分でも軽自動車を所有しているが、加齢とともに運動能力も衰え運転に自信もなくなってきたのでそろそろ運転免許の返納を視野に入れている。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク