蒙古風

スポンサードリンク

モーニン

バナナ半分とトーストとコーヒーが定番のモーニンしながらパソコンの前。7時半なんだけど外は暗い。
博多の街に櫓太鼓が立ち、国際センターの前に相撲の幟が林立し、千秋楽を迎えると、大陸から季節風が吹き、人々はコートの襟を立て冬の到来を実感するようになるのだが、今年は1ケ月ほど前倒しで季節風が吹いた。上方や江戸では木枯らしが吹くというらしいが、博多では、明治まで蒙古風と言って700年前の蒙古襲来を恐れた。春になると大陸に向かって風が吹き、冬になると大陸から日本に向かって風が吹く。この季節風を利用して、遣唐使は航海をした。と物の本で読んだ記憶がある。

物の本によると蒙古は中国の沿岸地方から軍船を徴発し、爆裂弾と弩弓で武装した兵を乗せ、対馬の住民3000人を暴行殺害し、博多へ向かったとある。

相撲中継

昨日は暖かかったが、一晩で寒さが戻った。いつものように11時38分のクロスパルの送迎の巡回バスに乗り、800メートール泳いでから水中歩行を30分~45分ほどこなしてから二階の大浴場へ移動し、サウナと風呂で冷えた体を温める。きがえから入浴で1時間ほどかかる。3時30分の帰りのバスに乗ると15分ほどに我が家に着く。ちょうど土俵入りが終わったぐらいなので、大相撲のテレビ中継を見ながら夕食の準備をする。料理をしていると見逃す取り組みもある。

スポンサードリンク

若手に期待

昨日から横綱稀勢の里が休場したので、白鳳の一人横綱となってしまった。稀勢の里と鶴竜は来場所に進退をかけることになるだろう。4場所連続休場の鶴竜は「でるでる詐欺」で月給280万円などと、ネットでは揶揄されている。今場所は3人の横綱が休場している。都合840万円の無駄な出費と言わざるをえまい。横綱が3人も休場するのはさみしい限りだ。日馬富士の暴行問題の影響で、貴ノ岩が休場したのが残念だ。最近力をつけてきて、新旧交代の騎手と思っていたので。しかし、貴景勝、北勝富士、阿武咲、御岳海、遠藤、逸ノ城ら若手も急速に力をつけてきている。とくに、ずんぐりむっくりして、どことなく、ウオンバットを思わせる風貌の貴景勝に注目している。可愛い顔して激しい相撲を取るのが魅力だ。39歳で再入幕の安美錦のいぶし銀の取り組みも見逃せない。今回の騒動の早期収束を願う…。

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク