日本のある習慣が海外で絶賛の運転マナーとは

スポンサードリンク

何かとお行儀が良いと評判の日本人の生活習慣。

トイレがきれい。街の中にごみが落ちていない。店員の愛想が良い。

人々が礼儀正しい。交通マナーが良い。信号を守る。クラクションを鳴らさない。

などなど。中国人が驚くという記事をよく見る。たしかに、中国人というのはお行儀がよくないのは定評のあるところではある。しかし、他の外国人も驚いたという運転マナーがYUTUBEにアップされ話題をよんでいる。それは車線変更で入れてもらうときに、有難うの意味を込めてハザードランプをチカチカさせることだった。アレは世界共通のものだと思っていたので、こっちの方が驚いた。

そういえば、僕が若いころにはハザードランプはなかったな。どうしていたかという、軽くパッとクラクションを鳴らしたり。会釈をしていた。掌を大きく開いて有難うを表現する人もいた。だいたい田舎のおっさんが多かったけど。右折するとき対向車が止まってくれた時に、掌を広げて有難うを伝えるのだ。そうすると相手もパッとクラクションを鳴らして応答してきた。これは路傍で人々がすれ違う時に軽く会釈をする習慣からきたと思うな。

ナレーション入りで説明している。こんなことに驚くのかねえ。

 

走行中に故障してやむを得ず道路に停車するときに、全部のウインカーを同時に点滅させて、故障車と知らせるものだった。いつぐらいからハザードがついたのかな。昭和55ねんぐらいだったかな。

スポンサードリンク

昭和30年代の方向指示器はアポロと呼んでいた

車体の横からウサギの耳みたいなのがビッと出ていた(笑)

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク