片麻痺リハビリは、体をくねらせ、手を振ると歩きやすい。

スポンサードリンク

コモドドラゴンの歩きを見ていると、体全体を使って歩いている様子がよくわかる。特に胴体をくねらせ揺らしながら歩くことに注目したい。人間も同様で腰をひねるように、のっしのっしという感じで歩くと歩きやすい。手も昔は足だったのだから、前足のつもりで、蹴る動作をすると滑らかな歩行になる。

 

手足は後から進化したものである。それ以前の爬虫類は同体をくねらせて前進していたと推測する。そう、蛇が体をくねらせて泳いだり前進するように。我々人類が二足歩行をなしえるずっと以前はトカゲなどの爬虫類だったのである。胴体を動かす。すると釣られて手足が動く。

だから手だけ足だけを動かしても麻痺の改善は無い。体全体を動かさないと、新しい歩行の脳神経ネットワークの形成はおぼつかないだろう。体全体を動かすには水泳が良い。ローリングさせて泳ぐ。最初は動く方で泳ぎ、慣れてきたら麻痺側も使って泳ぐ。ただし、これは死ぬほど苦しい。

スポンサードリンク

キツイけど頑張る

こんなキツイことはとてもできないと匙を投げそうになる。それでも我慢して続けている。特に体をローリングさせることで腰の部分が動くので、自分で自分をマッサージしたことになる。中殿筋などの体の奥にある筋肉は外からでは揉み解せない。それと手を大きく回して水をかくので背筋や筋などのストレッチ効果が出る。歩行や水泳などが最良の自然治癒効果があるように感じる。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク