21日から始まる米韓合同演習の行方は、中止、修正、強硬、北朝鮮の反応は?

スポンサードリンク

ははあ、裏でプーチンが金正恩にネジを巻いていたのか。北朝鮮が矢継ぎ早にミサイルを発射するなど。どうも技術の進歩が独力では速すぎると思っていたらロシアが裏で技術供与をしていたみたい。先のICBM発射の際、ロケットブースターの形状がロシア製と酷使しているので、北朝鮮はロシアからミサイルを提供してもらっていた。と疑われていたが、どうもほんとうのようだ。

ウクライナ製のミサイルがロシア経由で、北朝鮮に抜け荷されたと思われる。元々旧ソ連時代から北とソ連の関係は深く、朝鮮戦争ではソ連から武器も軍隊も応援されていたのでつながりは深い。最近では万景峰(マンギョンボン)号で北朝鮮とロシアの通商が始まっている。

中国の習近平も北朝鮮をコントロールできないみたいで、習近平派と対立している江沢民一派が北朝鮮と仲良しだとか。トランプはアメリカでそっぽむかれているし、自慢の武力行使をするにしても簡単ではないだろうし、かと言って、このまま何もしなければ、70歳のアメリカ大統領が、極東の小国33歳の金正恩から舐められると、テロリスト集団を勢いづかせることになるだろうし。中露米が三つ巴で外交戦を繰り返している。

スポンサードリンク

最後に

今後どうなるか北朝鮮情勢は不透明だ。21日から始まる米韓合同演習に、北朝鮮がどういう反応をするか、予断をゆるさないが、気持ちだけども万一に備えた覚悟が必要かもしれない。マスコミが煽りすぎというきもするが、こうも連日報道されると嫌でも考えさせられる。21日と言えば来週の月曜日、明日明後日である。米韓合同演習を中止、もしくは修正させられるのかトランプ大統領にとっても大きな決断を迫られるだろう。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク