腰痛を治すには水泳が効果的

スポンサードリンク

腰痛を治すには水泳と水中歩行をお勧めします。ヘルニアではない普通の腰痛は、ほとんどが4番~5番腰椎の周囲の筋肉が固くなっていることです。背骨の周囲にある筋肉とか背骨の奥にある筋肉などが凝っているのです。ですから凝った筋肉を揉み解してやると痛みが解消されるか緩和されます。

マッサージ師さんに凝った筋肉を揉んでもらうと、ものすごく気持ち良いです。毎日でもいきたいぐらいです。しかし、しばらくするとまた痛くなります。若くて軽い腰痛なら完治しますが、中高年で慢性になると完治は望めず、腰痛と上手に付き合っていくしかありません。

だいたいの原因は運動不足です。デスクワークなどで一日中座っていると腰痛になりやすいです。それと脳卒中などで麻痺があると、ほぼ腰痛になやまされると言っても言い過ぎではありません。自分も34歳で脳卒中になり10年ぐらいは腰痛はありませんでした。しかし、加齢とともに腰が痛くなって動けなくなってしまいました。

運動不足で血行が悪くなって筋肉が固くなっているのです。ですからこれをなんとしても揉み解してやらねばなりません。昔の按摩さんでしたら上手に揉み解してくれるので治ることもあったでしょうが、今のマッサージ師さんではそうはいきません。按摩って結構な重労働ですから40分も50分も揉んでいるとに嫌になるのですね。

それでも目が見えないと按摩しか仕事がないので、昔の人は必死だったのですね。按摩1本で飯を食っていた人たちはもういません。今は違います。障害年金がもらえるのでそんなに頑張らなくてよいのです。それと医療機器の発達で、低周波とか磁力で治すとかいって、マッサージを避ける傾向にあります。うんちくばかり多くて、揉まない整骨院は多いです。揉んでも5分程度で音を上げる。

運動をして体を動かすと血のめぐりが良くなって腰痛も改善してゆきます。水泳がなぜよいかというと全身を使う運動だからです。人間の歩きは体全体を使うので、全体を同時に動かせる水泳が良いのです。特に、体をひねって回すローリングという泳法がききます。手も足も背筋を通じて筋や筋肉などが全部つながっているのです。ですから手が痛くなっても、原因が背中や腰にあったりもします。

スポンサードリンク

最後に

水中歩行で足を上げてあるくのも効果的です。足を上げると腰の筋肉も刺激されて動きます。これで血行が促進されます。地上を歩く時も手を振り、腰をひねるように歩くと患部が刺激されて気持ち良いです。要するに自分でマッサージをしているわけですね。水中では浮力の影響で体重が軽くなり、陸上ではできない運動もできます。

ただ、水泳も水中歩行も即効性はありません。継続することが大事です。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク