穏やかな日曜日

スポンサードリンク

妻は弁当詰めて朝からでかけた。どこへいったかは知らない。夕飯時には帰ってくるだろう。

午前中は古賀市立図書館へ借りている2冊の本の貸し出し延長を頼みに行った。今日が期限だったのだが、まだ半分も読んでいないのである。16日に痔の手術で入院する時に読もうと考えた。たぶん大いに退屈するだろうと思われるので。図書館からルミエールへ回って買い物してきたら午前中はつぶれた。今月25日までの貸し出し延長ができた。

お昼食べて午後2時ごろ団地内の山桃ノ木を見に行くと今年は枝が切られていた。ヤマモモの実はおめにかかれなかった2年前は紫色の実をびっしりとつけていたが今年はない。熟した実が路面に落ちるとよごれるので枝が伐採されたようだ。

ヤマモモはあきらめて図書館まで歩行訓練を兼ねていった。週刊誌を30分ほど読んで帰宅した。途中で紫陽花とザクロの花を見かけたので写真に撮った。

今日も終わった

部屋に戻ってとりあえずお米をといで炊飯器にかけた。キューリの酢の物を作り、レタスを食べやすいように一口大にちぎってざるに入れて洗った。牛肉のプルコギに添える。キリンのど越しを2個買ったのでプルコギは肴だ。これを投稿したら炊飯器のスイッチを入れて、ちょっと横になる。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク