痔の出血が止まらない(涙)

スポンサードリンク

10日ほど前便器の中が真赤な鮮血で染まった。痔だとわかっていてもお尻からの出血は何度体験してもギョッとする。

30年近く患っている。いぼ痔の内痔核というやつである。色々な病院を回って手術も受けたが、しばらくすると再発してしまう。痛みはないが出血があるの。痔には大きく分けていぼ痔、切れ痔、痔瘻の3種類にわけられる。

僕のはいぼ痔で肛門の中に膨らみができる内痔核。肛門の出口付近にできるのが、外痔核で痛みが発生する。これがいぼ痔と言われるやつみたい。

 

痔にもいろいろな種類があるので勉強してみた。自分の病状を把握しておくことは大事だもの。

わからないから不安になるしね。知っていれば対処の方法もわかろうというものだ。

 

去年も出血があったのでいきつけの「かいクリニック」で大腸の検査もした。大腸がんはなかったが小さいポリープがひとつ見つかった。今は軟膏を出してもらってしのいでいる。以前は治るまでに1ケ月ぐらいかかった。治ると言っても出血が収まるだけで、根本的な治癒ではない。血流が滞っているのが原因らしいけど。人体の構造上肛門は血流が悪くなるのは避けられない。これも人類が2足歩行になった代償だろうね。4足歩行だと痔にはなりにくいみたい。

人はたっているから下の方へは血が流れにくい。

 

 

スポンサードリンク

最後に

5月26日は「かい外科クリニック」の定期受診なので、先生に相談してみよう。かい先生は内視鏡の使い方が上手なので痛くない。それに痔は専門の分野でもあるらしい。膨らみもおおきくなってきているので、そろそろオペで除去した方が良いのかな。でも、数年後には再発するけど。高齢者になると次から次に悪い箇所が出てくる。目もショボショボだし歯も悪い。今は分部入れ歯だけど、総入れ歯になるのも近いだろう。総入れ歯になったらキスなんてできないだろうな。(そういう相手はいないから杞憂だけど)老人ホームの入居者にでも聞いてみたい(笑)

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

スポンサードリンク