フレッツ光ネクスト「隼」へのアップグレードの顛末記

スポンサードリンク

2015/08/11 <ひかり回線モデム交換日程>

フレッツ光ネクスト「隼」へのアップグレードの申請を昨日した。追加料金も工事代金もかからないというので決めた。モデムを交換するというので23日にお願いした。工事の前日までに新しいIDとパスワードが封書にて届くそうだ。モデムの交換の時、設定のCDとマニュアルを渡してくれるそうだ。ついでにパソコンの設定までやってくれると助かるのだが、セキュリティーの関係で、こればっかりは本人がやるしかないみたい。リモートサポートなら指導可能というが、2000円必要というので自分でやることにした。それと光テレビも加入しているので、こちらの方のチューナーの設定も変更が必要との事だった。なんかこういうのって面倒くさいからやりたくないからとは言えない世の中になってしまった。それと面倒で分かりにくいのが年金の事。

2015/08/12 <ヤッパ止めた>

NTTのフレッツ光ネクスト「隼」へのアップデートの申請をし、23日工事まで決めていた。しかし、ひかりテレビを利用しているので、こちらのチューナーの設定変更もせねばならない。自力で設定変更するスキルもないので「隼」へのアップグレードは
断念した。移行しても大したメリットもないみたいだし。接続速度が早くなる場合もあるし、ほとんど変わらない場合もあるとか。最大のメリットは3個あるモデムが1個になる事だって。パソコンの設定変更はCDとマニュアルをくれるというので、自分でできると思うがひかりテレビのチューナーの設定変更は全くわからない。変更するとしたらひかりテレビからもIDとパスワードが封書で届くと思うし、管理も大変。

2015/08/14 <ヤッパ隼にする>

NTTから大型の封書が届いた。開けてみるとフレッツ光ネクスト「隼」へのアップデート関連の書類である。しかし、この件はキャンセルしていた。念のため116番へかけて確認すると、確かにキャンセルされているので書類は破棄してくれと言われた。キャンセルはしたものの少し後悔もしていた。いずれは「隼」への移行を余儀なくされるのではないかという危惧がある。その点を訪ねると、たぶんそうなると思う。というのである。NTTの方針で遅かれ早かれそうなるみたい。しかし、光テレビとパソコンの設定変更に不安があると繰り返し伝えると。無料でできます。そういうので、光テレビの設定が不安だというとそれも出来るという。しかし、光テレビ設定は最悪1日遅れに成る。モデムを取り換える部署とパソコンの設定をする部署は違うというのだ。パソコンの設定と光テレビの設定も同じ日にできるように調整してもらって28日の午後工事となった。設定もそっちでやってくれるなら最初っからそう言ってくれれば良いのに。対応が人によってこうも違うのかと思う。3個あるモデムが1個になるだけでもいいかも。これって結構邪魔だもの。

2015/08/28 <工事完了>

NTTの光回線アップデート終了。モデムの交換だけとたかをくくっていたらケーブルを天井から遠し、新しく交換するという大掛かりな物だった。これで我が家も今日からフレッツ光ネクスト「隼」になった。サクサク繋がって快適である。パソコンとテレビの設定をやってもらったのは正解だった。予想外の大がかりの工事が終わってヤレヤレ。モデムが1個に減って、ゴチャゴチャした配線もスッキリ。工事代金も設定の費用も全て無料。料金も現状のまま。

2015/08/29 <フレッツ光「隼」工事が終わって>

NTTの工事は午後①時~3時の間に来るというので、朝からベッドをたたんでパソコンの周囲を片付けにかかる。

新しいケーブルを古い物が残っている横から通す。

変更前は3個のモデムがあった。


これが「隼」だ。
工事代金もパソコンの設定もひかりテレビの設定も全て無料でやってもらった。
毎月の料金もそのまま。新規のプロバイダーが光が格安で使えるようになったから乗り換えないかとしきりに
電話してくるが、サポートの事を考えると断然NTTが有利だ。ケーブルテレビに加入のしている人に話しを聞くと速度が遅いというし、料金も結構高い。
NTTも最近は昔と違って殿様商売を止めて、サポートも充実していると感じる。

スポンサードリンク

最後に

夏の暑い日に、NTTから無償の工事を知らせるメールが届いた。最初はなんのことかよくわからなかった。(NTTはひかり「隼」へのアップデートを全国規模で規模で展開中で九州地区の順番が来た)

パソコンの接続設定の面倒くささからのがれたい。という気持ちとアップデートにも興味があった。しかし、当時加入していたひかりテレビのチューナーの設定変更もしなければならず、この設定に自信がないために気持ちが揺れていた。当初お客様でやっていただきたいと言っていた接続設定が2度目の問い合わせでは無償で接続設定まで可能だという。

そういうことならと工事の依頼を確定した。初めに断られても何度も訪ねてみるものだと改めて感じる。設定になってきたのは30代の外注業者の派遣社員だった。暑い日だったので、冷えた緑茶を出すと喜んでいたのでひかりテレビの設定も頼むと喜んで応じてくれた。ついでにDELパソコンの不具合も治してもらった。(バッテリーがキチンと装着できていない。バッテリーを一度抜くとパソコンにたまっていた静電気が放出される)

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク