都市ガスとプロパンガスの違いを間違えてえらい目にあった。

スポンサードリンク

もうずいぶん前のことである。といっても2007年ごろだけど。ガスコンロが古くなったので買い替えることにした。魚焼き用のグリルが油だらけになって、片手での掃除が手に負えなくなった。それで最寄りのヤマダ電機へ行った。当時のヤマダ電機は飛ぶ鳥をも落とす勢いで、九州地方を席巻し始めていた。地ばえのベスト電器は山田をはじめとする関東勢の出店攻勢ににおびえていた。

当時の山田の鼻息は荒く、開店時間も銀行並みにピッタリ10時にならないとドアーが開かない。店員もヘッドセットをつけて最先端気取りで若い店員もどこか横柄であった。開店前から行列ができていたりして、我が世の春を謳歌がしていた。そんな時代である。陳列の中に1万円ぐらいのリンナイガスコンロを見つけ、購入におよんだ。片麻痺があるので車に乗せるのが大変だった。まあどうにか部屋まで運んで設置してやれやれと思う。しかし点火してみると、どうも火勢が強くこれまでの物と違う。

様子が可笑しいので西部ガスに電話でガスの種類を確認した。かえってきた返事はなんと驚いたことにプロパンガスというのはないか。プロパンガスというのは大きなガスボンベに入ったものだと思っていた。UR団地に住んでいるので、都市ガスに違いないと思い込んでいて、都市ガス用のコンロを購入していたのである。

しかたがないので再び山田電気を訪れ、プロパンガス仕様のガスコンロを購入した。余ったコンロは置く場所もないので、泣く泣く廃品回収業者にひきとってもらった。

スポンサードリンク

最後に

日の出の勢いだったヤマダ電機もネット通販の浸透でかっての勢いはなく、最近は売り上げが激減し地方の店舗の撤退もありえるとか報じられている。そういえば最寄りのヤマダ電機も今や訪れる客もまばらである。以前はなんでもかんでも山田電機へ買いに行っていたが、今はアマゾンや楽天の方が使い勝手が良いのでネット通販利用が増えた。あのヤマーダ電気というコマーシャルを聞かなくなって久しい。時代の流れの変化の速さに驚くほかない。

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク