河合美智子の闘病記をドラマ化してほしい。

スポンサードリンク

昨夜のTBSのテレビ番組で女優の河合美智子さんの脳内出血闘病記を見た。河合美智子って名前は聞いたことがあるような気がしていたがどんな女優さんだったのか思い出せない。でも、確かに河合美智子という名前は記憶があるのだが。ネットで検索するとNHKの朝ドラ「ふたりっこ」で通天閣の歌姫「オーロラ輝子」という役で有名になったとかかいてある。その後、ドラマの役名であるオーロラ輝子という芸名で歌手デビューしたという。

「ふたりっこ」の中で歌った「夫婦道」という曲を発売し、85万枚の売り上げを記録し、第48回NHK紅白歌合戦にも出場した。現在48歳で、ひとつ年下の俳優の峯村純一と3月に入籍したそうだ。河合美智子が脳出血で倒れたのが昨年の8月だという。3年前から交際していたそうだ。だいたいこういう場合交際は途絶えることが多いが二人は入籍したそうである。

支えてくれる人がいるのって大きいよね。河合さんの症状を見ていると、足は装具なしで歩けるし、手も補助手にはなり得ていた。補助手でも使えるのは大きい。今後の訓練でもかなりの改善が見込めそうだし。装具なしでも歩けるのも大きい。装具つけるって大変だもの。旦那とドラマで共演するのが目標だと言っていたけど。どっかのテレビ局が二人の事をドラマ化してくれないかな。

警察もののドラマとかコミック原作のSFのような恋愛ドラマとか。ジャニタレがらみの空想ドラマのようなものはもうお腹いっぱいだもの。リアリティーのあるドラマが見たい。

スポンサードリンク

最後に

気になるのが障害等級の認定、障碍者手帳は3級ぐらいになるのかな?あれだけ回復してると障害基礎年金の受給は難しい気がする。そうなると旦那が頑張って稼ぐしかない。テレビ局はあの二人を起用してほしい。もうジャニーズはウンザリ。頑張れ河合美智子!

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク