水泳は、確かに腰痛の改善につながる。

スポンサードリンク

朝起きるとパソコンのスイッチをいれる。洗面とトイレをすませたらサンドイッチを作るかトーストを作る。これとバナナ半分とコーヒーでモーニンするのがいつものパターン。ブログの更新をしたりSNSをチェックしたりポイントサイトでポイントを集める。

9時半ごろになるとリュックを背負ってルミエールまで買い物にいく。マヒ足を上げて地面を蹴るしぐさをしながらの歩行だ。自宅とルミの往復で5600歩・50分)ほどになる。途中の古賀駅の階段を2足1段で上ることにしている。買い物=歩行訓練というわけだ。

200903051310

家に戻ると夕食の下ごしらえをする。11時頃に早めのお昼を軽くすませる。(お腹いっぱいだと泳ぐときが苦しい)そして11時38分のクロスパルの送迎バスに乗り込む。途中古賀市内を巡回しながらバス停で会員を拾っていく。今日は古賀北中学前で、全盲の佐道さんと杉田さんがのってきた。午後1時過ぎにクロスパルへ着いた。

プールに入ったのが1時40分。

今日は麻痺側の体を動かして泳いだ。麻痺側の手を上げて泳ぐのだが、これが非常に疲れる。良い方の右手だけで泳ぐのだと楽だから連続800メートールを一気に泳ぐ。しかし、麻痺側も動かすと苦しいから25メートールづつ休憩をはさんで泳いだ。25メートールを16本=800メートール。なんとか目標はクリアーできた。麻痺側の体を使って泳ぐのは容易ではない。体をローリングさせながらクネクネ泳いでいると腰痛の痛い部分が刺激されマッサージ効果があらわれるので痛みはかなり軽減された。

麻痺側の肩を動かすように泳ぐと固くなった筋肉がほぐされて背中の張りが改善されてゆく。整骨院や整形外科、鍼麻酔療法、鍼、整体、カイロプラクティックなど様々な治療方法を試みたが一向に改善はなかった。それが水泳を始めて3年目ぐらいから背中の張りはなくなった。腰椎の4番~5番辺りの痛みも随分軽減している。

スポンサードリンク

最後に

水泳が終わると30分ほど水中歩行もしている。始めた当初は水中歩行はできなかった。水泳を続けている間にいつのまにか可能になった。特に痛いのが健側の右の5番腰椎の付近だ。足を上げて歩くことで凝り固まった腰椎の周囲の筋肉がほぐされ、自分で自分をマッサージしていることになりその効果が現れたのだろう。水泳や水中歩行は腰痛に良いと聞いていたが本当だった。

 

The following two tabs change content below.
まこっちゃん

まこっちゃん

元自動車会社工員、配管工、自動車洗車場、呉服担ぎ屋、土木作業員

昭和61年、琉球大学キャンパス内で架橋工事中に突然脳内出血に倒れる。
以降左半身不随の後遺症が残り1種2級の身体障碍者となる。

昭和64年(平成元年)リハビリセンターで入所中に知り合って交際していた女性職員と入籍。
福岡県粕屋郡古賀町(現古賀市)へ転居。彼女が働き、家事全般は夫がする暮らしを始める。生活費は折半。いわゆる「主夫」となって今に至る。

まこっちゃん

最新記事 by まこっちゃん (全て見る)

スポンサードリンク